リーガ バルセロナ

スアレス、ユーベ移籍の可能性は消滅か

ルイス・スアレス 写真提供: Gettyimages

 バルセロナ所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、ユベントスへの移籍可能性が消滅したようだ。伊メディア『コッリエーレ・デロ・スポルト』が報じている。

 ユベントスのスポーツディレクター(SD) を務めるファビオ・パラティチ氏は現地時間9月20日に行われたサンプドリア戦の前にスアレスの獲得を断念したことを示唆した。「イタリアのパスポートをもらうには時間がかかる。移籍マーケットの締め切りや、チャンピオンズリーグ(CL)の選手登録などに間に合わない」

 なお、イタリアへの移籍が破綻したスアレスは、先日にアメリカのインテル・マイアミからのオファーを断っているという。同メディアによると、現時点で同選手の獲得に最も近いのはアトレティコ・マドリードとなっているようだ。

ここではスアレスがバルセロナで記録したボレーシュートのベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧