リーガ バルセロナ

スアレス、バルサ退団へ…クーマン監督の構想外に

ルイス・スアレス 写真提供: Gettyimages

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスは今夏の移籍市場でバルセロナを退団することになるようだ。26日、英紙『デイリーメール』が報じている。

 ロナルド・クーマン新監督の招へいを発表したバルセロナ。同監督の就任によってチームの大幅な改革が噂されている。そんな中、スアレスは月曜日に同監督から電話での戦力外通告を受けたようだ。

 そのためスアレスは今夏の移籍市場での移籍が決定的に。報道によるとスアレスに対してはインテル・マイアミ、パリ・サンジェルマン、インテルなどが興味を示している模様。また、バルセロナはアヤックスのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーグの獲得のためにスアレスを交渉に含めることを検討しているようだ。この交渉が実現すれば、スアレスにとっては古巣復帰となる。

 スアレスはこのバルセロナでの6年間で198ゴールを記録。このゴール数はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、元スペイン代表FWセサル・ロドリゲス・アルバレスに続くバルセロナ歴代3位の数字となっている。