Jリーグ 横浜FC

ブラジルで「カズ」と呼ばれる男。三浦知良から誕生日メッセージをもらう?

カズ 写真提供: Dugout

 コリチーバに所属している20歳のブラジル人DFクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラは、日本のレジェンドである横浜FC三浦知良のように「カズ」と呼ばれているようだ。コリチーバの公式メディアが報じている。

 ワガツマ・フェレイラは2013年にコリチーバのトライアルに参加。その際にピッチにいた1人のマネージャーが彼の日本人的な顔を見て、彼のことを「カズ」と呼び始めたようだ。そのこともあり、同選手は1989年に同クラブでプレーした三浦知良とも繋がり、17歳の誕生日の時に彼から誕生日メッセージまでもらったようだ。

「お誕生日おめでとう!お元気ですか?直接はあったことがないが、いつかコリチーバで会えたらいいね。これからCOXA(コリチーバ)で多くのタイトルをゲットし、いいキャリアを迎えれることを願っている。グッドラック、ありがとう」

 その映像はこちら。(表示されない場合はこちら


 ブラジルの若手カズはコリチーバの公式インタビューで三浦からの誕生日メッセージについて「お誕生日の日に彼からビデオメッセージをいただきました。お父さんの友達は日本に住んでいて、カズさんと知り合いです。お父さんからWhatsappで動画が送られ、すごく驚きましたね」とコメントした。

 なお、コリチーバのカズはブラジル人で日本語は苦手な模様。母はブラジルで日本人夫婦の間に生まれたようだ。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧