ワールドカップ 日本代表

守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ

写真:Getty Images

サッカー日本代表の正ゴールキーパー(GK)といえば、どの選手を思い浮かべるだろうか。

日本が初のワールドカップ出場を果たした1998年のフランス大会以降、長期間に渡ってGK川口能活、GK楢崎正剛というレジェンド2人がゴールマウスを守ってきた。その後、2010年の南アフリカW杯、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と直近の3大会では、GK川島永嗣が跡を継いでいる。

では昨今の日本代表正GKといえば?2022年11月21日に開幕となるFIFAワールドカップ・カタール大会(カタールW杯)を控え、そのポジションを争う候補選手たちについてまとめていく。


清水エスパルス GK権田修一 写真:Getty Images

権田修一(清水エスパルス)

カタールW杯アジア最終予選では、日本が本大会出場を確定させたオーストラリア戦(3月24日、2-0)までの全9試合にスタメンフル出場し、正GKの大本命となっている権田修一。日本のGKとしてはまだまだ少ない海外移籍経験もある最有力候補だ。

ポルトガル1部のポルティモネンセでプレー(15試合出場)し、昨2021シーズンからJリーグ(清水エスパルス)に復帰した権田。チームは下位に低迷するも、安定したセービング能力を発揮している。

過去のW杯ではいずれも出場機会を得られず、大舞台での経験値という面では不安が残る。とはいえ、経験では他の多くの候補選手も条件は同じ。現時点ではやはり、最も本大会の正GKに近い存在と言えよう。


川島永嗣(ストラスブール/フランス)

長く日本代表のゴールマウスを守ってきた川島永嗣。正GKではないものの、39歳となった現在でも海外クラブ(ストラスブール)に所属し続けている。

現役の日本人GKの中でも突出した代表経験を持ち、大舞台でのPKストップなど勝負強さも見せてきた川島。一方で、前回のロシアW杯では判断ミスとも取れるプレーで失点に絡むなど、世代交代を望む声が上がったことも事実だ。

森保一監督体制(2018年7月)になって以降も、サブではあるが招集され続けている。スタメンという立ち位置でなかったとしても、おそらく最年長となるであろう川島の存在は、チーム全体の精神面のケアなどで重要視されるはずだ。


シント=トロイデン GKシュミット・ダニエル 写真:Getty Images

シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

ここ3シーズン、多くの日本選手を抱えるベルギーのシント=トロイデンでプレーするシュミット・ダニエル。197cmという高身長を武器とし、主力として活躍している。

日本代表では、権田、川島というベテランの壁が厚く、ここまで出場は7試合と少ない。しかし、W杯本大会に向けたメンバー選考にあたって、国内外を問わず所属クラブで出場機会を確保できていることは好条件となってくるだろう。

従ってシュミットがメンバー入りする可能性はかなり高い。残る課題は、本大会までのアピールで正GKの座を勝ち取れるかどうかだ。


谷晃生(湘南ベルマーレ)

東京五輪(2021)でU-24日本代表の正GKを務め、日本のベスト4進出に貢献した谷晃生。現時点では、間違いなく次世代を担うGKの筆頭であろう。

高いハイボール処理能力を持ち安定感も高いことから、ベテラン選手と比べても引けを取らない。自身を五輪での正GKに抜擢した森保監督がフル代表も兼任していることは、谷にとって好条件と言える。まだ21歳と若いことから、メンバー発表までにいかにアピールできるかが勝負だ。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧