ワールドカップ

カタールW杯、残り3枠を争うプレーオフ出場8カ国を一挙紹介

写真:Getty Images

11月21日に開幕となる2022FIFAワールドカップ・カタール(カタールW杯)。全日程と対戦カードが決まったが、いまだ出場国の全てが出揃ったわけではない。

延期された欧州プレーオフは、3カ国間での準決勝(6月1日)決勝(6月5日)を経て残る1枠が決まる。アジアでは最終予選3位の2カ国によるプレーオフ(6月8日)を控え、その勝者と他3地域(南米・北中米カリブ海・オセアニア)による大陸間プレーオフ(6月14、15日)にて残り2枠が決定となる。

ここでは残りわずか3枠のカタールW杯出場権獲得を争う、8つの国についてまとめていく。


ウクライナ代表 DFオレクサンドル・ジンチェンコ 写真:Getty Images

ウクライナ(欧州プレーオフ)

2006年ドイツW杯の初出場以降、本大会出場から離れてしまっているウクライナ。直近のユーロ2020(UEFA欧州選手権)では、母国の英雄アンドリー・シェフチェンコ監督が率いて、結果も過去最高成績となるベスト8と躍進。カタールW杯への期待も高まっていたが、現状は出場を確定できていない。

今欧州予選では、王者フランスと同組のグループDを戦い2位でプレーオフへ。6月1日に予定されているスコットランド戦と、勝ち進んだ先に待ち構えるウェールズ(決勝6月5日)の壁を破り、4大会ぶりとなるW杯出場を勝ち取れるのか注目だ。


スコットランド(欧州プレーオフ)

近年はW杯出場から遠ざかっているスコットランド。今欧州予選では、デンマークやオーストリアといった中堅の国々と競い合い、プレーオフまで駒を進めてきた。現在の代表メンバーには、アンドリュー・ロバートソン(リバプール)やスコット・マクトミネイ(マンチェスター・ユナイテッド)など、名門クラブで活躍する選手も多い。

仮に本大会出場を決めた場合、前回ロシアW杯4位のイングランドが待つグループBに入る。しかし、残るはイランとアメリカが相手であり、混戦も十分に考えられる。欧州予選という高い壁を打ち破り、台風の目になれるかどうかが楽しみな国である。


ウェールズ代表 FWガレス・ベイル 写真:Getty Images

ウェールズ(欧州プレーオフ)

すでにオーストリアとのプレーオフを勝利(2-1)で終え、ウクライナとスコットランドの勝者を待ち受けるウェールズ。突破が目前である一方、ライアン・ギグス現代表監督が女性関係を巡るトラブルにより停職中と、内情に不安要素も抱えている。

W杯出場は1958年が最初で最後となっており、実に半世紀以上に渡って本大会にたどり着けていない。しかし、ガレス・ベイル(レアル・マドリード)を筆頭に頼れるベテランも健在。プレーオフ初戦でもベイルの2得点でオーストリアを下しており、チームに勢いを与えた。

対するウクライナまたはスコットランドも近年本大会に出ていないのは変わらない。だが、出場できずにいた期間の重みはウェールズの方が上だろう。あと一歩のところまで駒を進めている今予選。選手たちにかかる期待もまた、重たいものとなっている。


オーストラリア(アジアプレーオフ)

W杯アジア予選に登場するようになって以来、日本の最大のライバルと言っても過言ではないオーストラリア。実際に今最終予選でも日本と同組となり、終盤までストレートインとなる順位を争っていた。

しかし、今回で言えば日本との相性は最悪だったと言える。アジア予選3連勝で最高のスタートを切ったが、日本に敗北(2021年10月12日)のあと中国戦を含む2分けで勝ち点を落とした。また、勝てば大混戦に持ち込める日本との第2ラウンド(2022年3月24日)でも得意のホームゲームで敗北。結果的に最終サウジアラビア戦も落としてしまった。

グループ3位でプレーオフに回ったオーストラリアは、アジア5位をかけて6月8日にUAEと戦う。勝ち抜けば大陸間プレーオフにて南米5位のペルーが待ち受けており、本大会までは茨の道と言えるだろう。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧