ワールドカップ 欧州その他

カタールW杯に出場できない欧州スター選手10選

写真:Getty Images

2022年11月21日から12月18日に開催されるFIFAワールドカップ・カタール大会(カタールW杯)を控え、グループリーグの組み合わせも決定した。ここから各大陸の最終予選を突破し出場を決めた国々では、どの選手が出場するのか、限られた代表枠を争う選手間サバイバルへの注目が高まっていく。

一方、自国が予選敗退を喫したことでカタールW杯には出られないことが決定した世界的なスター選手も多い。ここでは、カタールW杯では見られない、欧州のトップリーグで活躍する10選手を紹介していく。


スウェーデン代表 FWズラタン・イブラヒモビッチ 写真:Getty Images

ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)

スウェーデン代表の最年長選手としてW杯欧州予選を戦ったFWズラタン・イブラヒモビッチ。現在40歳にして欧州トップクラブ(ミラン)でキャリアを続け、スウェーデン代表の歴代最多得点選手でもある。ユーロ2016(UEFA欧州選手権)の際に一度は代表引退を表明しており、最後のW杯チャンスと言われるも、残念ながら結果は敗退となった。

スウェーデンは、欧州予選でスペインと同組のグループBで2位。欧州予選プレーオフに回っての初戦ではチェコに延長戦の末に1-0で辛勝するも、続く決勝ポーランド戦にて0-2で敗北。カタールへの道は断たれた。


イタリア代表 GKジャンルイジ・ドンナルンマ 写真:Getty Images

ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア)

イタリア代表の若き守護神ジャンルイジ・ドンナルンマ。長くゴールを守ってきたGKジャンルイジ・ブッフォンの後継者として、ユーロ2020(UEFA欧州選手権)では全試合に出場。準決勝、決勝のPK戦ではスーパーセーブも見せ大会最優秀選手に選出されるなど、優勝に大きく貢献した。

欧州王者としてW杯での躍動に期待がかかっていたイタリア。しかし欧州予選では1位通過スイスとの試合で勝ち切ることができず。ブルガリア戦(2021年9月3日)や北アイルランド戦(2021年11月16日)でも、圧倒的に試合を支配するも引き分け、2位でプレーオフへ。この勝ちきれない試合展開はプレーオフ1回戦北マケドニアとの試合(3月25日)でも起きた。多くのシュートを放つも決めきれないイタリアは、後半アディショナルタイムにゴールを許し、0-1でまさかの敗退が決定した。

ドンナルンマは23歳とまだまだ若く、GKというポジションは比較的年齢を重ねてなお、代表へ招集される可能性が高い。W杯2026年大会では、さらに成長した姿が見られることだろう。


ノルウェー代表 FWアーリング・ハーランド 写真:Getty Images

アーリング・ハーランド(ノルウェー)

ブンデスリーガの名門ボルシア・ドルトムントの若き点取り屋アーリング・ハーランド。欧州予選では、ノルウェー代表の一員として高い得点能力を発揮。オランダ戦(2021年9月2日)の貴重な先制点や、ジブラルタル戦(2021月9月8日)でのハットトリックなどで、存在感を示した。

しかし、予選の終盤には怪我の影響もあってかハーランドの出場がなく、ノルウェーのフランスW杯(1998年)以来となる本大会出場は夢と消えた。

ノルウェーにはハーランド以外にも、アーセナルで活躍を続けるマルティン・ウーデゴールなど、若くして代表の主軸となっている選手も多い。W杯はもちろん欧州選手権などでも、ノルウェーが、そしてハーランドが今後台風の目になる日は近く期待できるだろう。

Previous
ページ 1 / 3

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧