ワールドカップ

最後の雄姿!?カタールW杯で注目のベテラン選手5選

ギジェルモ・オチョア(左)クリスティアーノ・ロナウド(中)ダニエウ・アウベス(右)写真:Getty Images

2022年11月21日に開幕する、FIFAワールドカップ・カタール大会(カタールW杯)。いまだ最後の出場枠をかけたプレーオフを控えており、出場国のすべてが出そろったわけではない。しかし、すでに出場を決めた各国では、代表選手同士の出場争いに注目が集まっている。

多くの国で、東京五輪世代や次のパリ五輪世代と呼ばれる若手や、主力となる中堅世代の動向が注視される一方、年齢を重ねてなお代表の主力として君臨し続けるベテラン選手たちからも目が離せない。ここでは、30代も後半を迎えながら今なお代表の主力選手として、カタールW杯でも活躍が期待される5名を紹介していく。


ポルトガル代表 FWクリスティアーノ・ロナウド 写真:Getty Images

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

言わずと知れた世界的なスター選手の1人、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも今や37歳。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)と並んで、史上最高の選手とも称される。かつて所属していたマンチェスター・ユナイテッド(2003-2009)に12年ぶりとなる復帰(2021-)を果たした後、プレミアリーグで今2021/22シーズンも衰えない活躍を見せている。

代表でも、アンダー世代のトゥーロン国際優勝(2003)後のデビュー以降、数々の記録を打ち立ててきた。ユーロ2016(UEFA欧州選手権)優勝などタイトル獲得にも貢献。W杯では2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と出場を続け、ロシア大会時には史上最年長のワールドカップハットトリックも記録。そして今カタール大会でも活躍が期待されている。

衰え知らずのC・ロナウドだが、次回2026年W杯時にはいよいよ40歳を超える。引退について明言こそしていないが、残されたW杯タイトル獲得のチャンスは多くないだろう。カタールでは、ポルトガルにさらなるタイトルをもたらすことができるだろうか。


メキシコ代表 GKギジェルモ・オチョア 写真:Getty Images

ギジェルモ・オチョア(メキシコ)

メキシコ代表GKギジェルモ・オチョアは36歳。2005年に代表デビューを果たして以降、長く枠の少ないGKながらも代表の座を守ってきた。W杯ではブラジル大会(2014)とロシア大会(2018)で、正GKとしてメキシコの決勝トーナメント進出に貢献。

2021年の東京五輪ではオーバーエイジ枠で全試合出場を果たし、最後方からチームを牽引。日本との3位決定戦の結果、見事銅メダル獲得に至っている。

メキシコは、W杯直近の7大会は全てグループリーグを突破するも、ベスト16の壁は越えられずにいる。オチョアは今北中米カリブ海予選でも正GKという役割は変わっていなかった。チームの柱として、自国を過去最高のベスト8(1970年、1986年)以上へ引き上げられるかに注目だ。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧