プレミアリーグ チェルシー

チェルシー加入のサウール「オファーを断る理由なんてなかった」

サウール・ニゲス 写真提供: Gettyimages

 イングランドにおける移籍市場最終日の8月31日にラ・リーガのアトレティコ・マドリードからチェルシーへの期限付き移籍を果たしたスペイン人MFサウール・ニゲス(26)がクラブ独自インタビューの中で現在の自身の心境を口にした。

 アトレティコ下部組織出身のサウールはこれまでのクラブ公式戦通算340試合に出場して43ゴール20アシストを記録。中盤での働きぶりが評価される一方で、一時期はサイドバックを任されることもありポリバレントなプレーヤーとしても存在感を示した。2017年には2026年までの長期契約を結んだものの昨シーズンからは徐々に序列が下がり、この夏の移籍市場最終日にチェルシーへの移籍を決断した。

 クラブ独占インタビュー動画はこちら。(動画が表示されない場合はこちら


 チェルシー移籍についてまず率直にどう思っているのかという質問に対して「自身の選手キャリアや人生にとって(チェルシーへの移籍は)素晴らしい機会だ。非常に嬉しく思っている」と心境を語ったサウール。

 移籍最終日での移籍が決まったことについては「正直難しい期間だった。アトレティコ・マドリードで15年以上の時間を過ごした。まさに僕の家だ。ただチェルシー移籍の話が浮上した時には(そのオファーを)断る理由なんてなかったよ」と思いを綴っている。

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアリーグクラブ、Jリーグでは京都サンガ応援してます。

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。かれこれ人生の半分以上はサッカー観戦に明け暮れ、週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグにかじりついています。最近上司がメイソン・マウントにハマり、その影響かチェルシーが好きになりそうな自分がいます。

筆者記事一覧