ALL

語られない欧州サッカー界「五輪軽視」の理由と年齢制限変更の提案

エドゥアルド・カマヴィンガ(左)カイ・ハフェルツ(中)キリアン・ムバッペ(右)写真提供:Gettyimages

東京五輪サッカー競技は、男子のU-24日本代表がベスト4に進出したこともあり、全競技中の最高視聴率を記録するなど盛り上がりを見せた。日本は準決勝でスペインに敗れ、3位決定戦でもメキシコに敗れて大会4位に。森保一監督には、決勝トーナメント以降にチームの勢いを停滞させた采配の責任を問う声も強い。

しかし、男子サッカーにとって五輪は育成年代の大会である。久保建英は3位決定戦の敗北であれだけ声を出して号泣した悔しさをフル代表で晴らしてくれれば良いし、最高の経験を得られたと思う。森保監督にしても、このような年齢制限のある大会では、魔法のソースで勝利だけかすめ取るような采配ではなく、素材の味で勝負するようなチーム作りで挑んだことが適切だったと思う。結果、客観的には順当な結果だったと考えられる。

ここでは東京五輪の男子サッカー競技における全体的な結果を振り返りつつ、常に問われる欧州勢の「五輪軽視」について改めて考察しよう。さらには五輪サッカーの年齢制限の変更を提案したい。


スペイン代表MFペドリ 写真提供:Gettyimages

東京五輪の「4強」は予測通り

大会を通しても、ブラジル、スペイン、メキシコ、日本が結果的に「4強」となったのは、東京五輪のメンバー選考やチーム作りの積み上げを考えれば順当だった。欧州の強豪であるドイツとフランスは、日本行きの飛行機が飛び立つ寸前までメンバーの招集辞退が相次ぎ、来日したのも遅かった背景がある。

ドイツはシュテファン・クンツ監督が「100人に連絡した」にも関わらず、GK3人を含む18選手しか揃えられず。フランスもキリアン・ムバッペやエドゥアルド・カマヴィンガを招集できず22名に拡大された選手枠を余らせたままで大会に臨んだ。結果、両国共にグループステージで敗退。フランスは日本に0-4で大敗し、最後はラフプレーで退場者まで出す醜態を晒して大会を後にした。同じく、3月に日本でU-24代表同士の強化試合を戦ったアルゼンチンも、当時のメンバーから弱体化した陣容しか揃えられず、決勝トーナメントへ進むことすらできなかった。

一方、決勝進出したスペインのチームには、東京五輪直前に行われていた「ユーロ2020(UEFAサッカー欧州選⼿権、EURO)」に出場しベスト4まで進出したフル代表から6名の実力者が揃った。スペインでは「国民的スポーツ行事には選手を義務的に参加させなければいけない」“スポーツ法”という法律が有効であるためだ。(ただし、この法律はスペイン国外のクラブには適用されず、イングランドやイタリアでプレーしている選手の招集は叶っていない)

こうした理由でこの「4強」となる結果については、当メディアでも2019年にアビスパ福岡で指揮を執ったイタリア人監督ファビオ・ペッキア氏の通訳を務めたウッケッドゥ・ダビデ氏が予想している(『東京2020男子サッカーを分析予測。優勝候補は?日本に銅メダルの可能性あり?』)。また、同氏による『五輪男子サッカー全チームの市場価値ランキング』も興味深く、大会総括のお供に再読していただきたい。


2008年北京五輪、アルゼンチン代表リオネル・メッシ 写真提供:Gettyimages

南米勢の五輪に対する本気度

こうした背景の中「欧州は五輪を軽視しているから日本も重視しないでいい」というニュアンスの論評があることがいつも気になるところだ。まず、日本は欧州圏ではない。そして南米勢は五輪を軽視していない。

南米勢は、過去にアルゼンチンが稀代の司令塔ファン・ロマン・リケルメやリオメル・メッシを擁して2008年の北京五輪を制したり、ウルグアイも2012年のロンドン五輪でオーバーエイジとしてルイス・スアレスとエディンソン・カバー二の欧州主要リーグ得点王コンビを招集するなどしており、五輪に対する本気度は高い。

ブラジルでは、ネイマールがロンドン五輪と母国ブラジルのリオデジャネイロ五輪で連続出場している。日本が「マイアミの奇跡」で勝利したアトランタ五輪時にもフル代表のエース格であるFWべべットや、その後すぐにバロンドールを受賞することになるMFリバウドがオーバーエイジとして参戦していた。今回はコロナ禍もあってアルゼンチンがメンバー選考で苦戦したが、南米勢はメダル獲得を常に狙っている。

では欧州勢はなぜ五輪を軽視するのだろうか?

Previous
ページ 1 / 2