その他 欧州その他

自慰行為動画流出で代表招集見送りのロシア人FW、サポータは抗議として飛行機で空に陰茎を描く?

アルテム・ジューバ 写真提供: Gettyimages

 現地時間11月8日、ロシアのサッカー界であるスキャンダルが話題となった。ゼニト・サンクトペテルブルク所属のロシア代表FWアルテム・ジューバが撮影した自慰行為動画が流出し、同選手はUEFAネーションズリーグに向けてのロシア代表への招集が見送りとなった。しかし、この話には続きがあったようだ。伊メディア『イル・ポスティチポ』が報じている。

 同メディアによると、ジューバが代表に選ばれなかったことを不満に思ったサポーター及びポベーダ航空のパイロット2人は、同航空会社のBoeing737機を利用し、飛行経路で空に巨大な陰茎を描いたようだ。

 2人のパイロットはモスクワからエカテリンブルクへのルートを飛行しており、空に「絵」を描いたことによって飛行機の到着が20分遅れてしまったようだ。

 なお、ロシアの警察はこの事件の取り調べを進めており、2人のパイロットには高額の罰金が科せられる可能性が高いようだ。

 ここでは2019/20シーズンのアルテム・ジューバのベストゴールシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧