リーガ アトレティコ・マドリード

カバーニ、スアレスとの最強コンビ誕生か?元指導者、「アトレティコで20得点挙げるだろう」

エディソン・カバーニ 写真提供: Gettyimages

 2006年から2007年にかけてウルグアイのダヌービオを指導していたダニエル・ジカリ氏が、同クラブでプレーした元パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの現状についてコメントした。伊メディア『イル・ポスティチポ』が報じている。

 ジカリ氏によると、カバーニはアトレティコ・マドリードへの移籍が近づいているようだ。そして、同クラブへと移籍した場合、20得点以上を挙げるほどの活躍できると強く信じているようだ。

「カバーニはクオリティの高い選手、そしてアトレティコは素晴らしいクラブだ。このチームと一体になれたら、20得点以上を挙げることは不思議ではない。得点力を持っている選手だからね」

 また、スアレスとのコンビについて「2人とも同じウルグアイの街(サルト市)で生まれた。一緒にプレーできたらどんなに感動的なことだろう」とコメントした。

 ここではリーグ・アン2019/20シーズンのカバーニのゴールシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧