リーガ アトレティコ・マドリード

スアレス、メッシに感謝の言葉…「ありがとう、ナンバーワンであることを証明し続けてね」

ルイス・スアレス & リオネル・メッシ 写真提供:Gettyimages

 2020年9月24日にバルセロナからアトレティコ・マドリードに移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、チームメートであったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた感謝のメッセージに返事し、感動的な文章で別れを告げたようだ。スペインの『barcablaugranes.com』が報じる。

 同選手は2014年から2020年にかけて共に戦ったメッシに「感動的なメッセージ、ありがとう。あなたは(バルセロナでの)初日から私と私の家族にとって大事な存在だった。みんなはメッシという選手を知っているが、私が感謝しているのは時に面白く、時に感動をする人間性のあるメッシだ。私が言ったことを忘れないで。(サッカーを)楽しみながら、ナンバーワンであることを証明し続けてね。3、4人のせいであなたのクラブ内のイメージ、そしてサッカー界でのイメージが変色させちゃダメだよ!大好き、寂しくなるね」とコメントした。

 なお、スアレスがメッセージの中で語った「3、4人」は誰かは明らかとなっていない。しかし、今年の夏の移籍マーケットでメッシの移籍を反対したクラブ内の関係者だと思われる。

 ここではバルセロナでのスアレスとメッシの連携プレーを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧