セリエA ナポリ

クリバリ、ナポリに残る可能性が高まる…マンC移籍は破綻か

カリドゥ・クリバリ 写真提供: Gettyimages

 ナポリに所属しているセネガル代表DFカリドゥ・クリバリが、同クラブに残る可能性が高まっているようだ。伊メディア『calciomercato.com』が報じている。

 同メディアによると、クリバリ獲得に最も興味を示していたマンチェスター・シティはこの取引が複雑であると判断し、ベンフィカ所属のポルトガル代表DFルベン・ディアスの獲得に方針を切り替えているようだ。

 今夏の移籍市場でクリバリが移籍する可能性があるとすれば、それはパリ・サンジェルマン(PSG)、またはリバプールとなるようだ。しかし、両クラブが同選手の獲得に乗り出す可能性は極めて低いようだ。

 PSGのスポーツディレクター(SD)を務めているレオナルド氏はナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と連絡取り合っているようだが、現時点でこの取引は経済的に厳しいという。

 また、クリバリがリバプールに移籍した場合、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクと素晴らしいペアが誕生するが、同クラブとナポリの取引内容は明らかとなっていない。

 ここではクリバリのナポリでのベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧