セリエA ボローニャ

ボローニャ、ミランの冨安へのオファーを受け入れず。しかし、まだチャンスが…

冨安健洋 写真提供: Gettyimages

 ボローニャは、ミランが9月30日に提出した日本代表DF冨安健洋へのオファーを拒否したようだ。伊メディア『TuttoMercatoWeb』によると同クラブのスポーツ・ ディレクター(SD)であるリッカルド・ビゴン氏は「冨安はミランのオファーより価値がある選手だ」とコメントしているようだ。

 一方、ミランはまだ諦めていない。ヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフを突破しグループステージ進出を決めた今、冨安への新たなオファーを用意する予定だと言われている。

 しかし、夏の移籍市場はまもなく終わりを迎える。ミランが妥当なオファーを用意したとしても、ボローニャは冨安の代わりになる選手を探す時間がない。そのためこの移籍は現実的ではないと思われる。

 ここではボローニャのセリエA2019/20シーズンのベスト得点シーンを振りかえろう。冨安のあのスーパーゴールも含まれている…(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧