セリエA ボローニャ

ボローニャDF冨安健洋、ミランから初オファーが届く

冨安健洋 写真提供: Gettyimages

 ミランはボローニャ所属の日本代表DF冨安健洋の獲得に積極的に動き、正式にオファーを用意したようだ。伊メディア『MilanNews24』が報じている。

 同メディアによるとミランが獲得に向けて準備した金額は1500万ユーロ(約18億)とみられている。しかし、ボローニャは冨安の売却に対して2500万ユーロ(約30億)を求めているようだ。

 一方、ミランに所属しているブラジル代表MFルーカス・パケタのリヨンへの移籍が合意に至った模様。同取引の移籍金よってミランは冨安の獲得により高いオファーを用意し、ボローニャとの交渉を進めるとみられる。

ここでは冨安が昨シーズン、ミラン相手に記録したセリエA初ゴールを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧