リーガ ビジャレアル

久保建英、スタメン出場の可能性が高まる。プレーするポジションは…

久保建英 写真提供: Dugout

 ビジャレアル所属の日本代表MF久保建英が、現地時間9月30日に行われるリーガ2020/21シーズン第4節デポルティーボ・アラベス戦で先発出場を果たす可能性が高まっているようだ。スペインの『DefensaCentral』が報じている。

 ビジャレアルのウナイ・エメリ監督はフランシス・コクラン、モイ・ゴメス、サムエル・チュクウェゼなどのターンオーバー を考えている模様。そのため同監督はシステムを4-4-2から4-2-3-1に変更し、久保は二列目に起用される可能性が高まっているようだ。

 同メディアによるとエメリ監督は久保の努力を評価している模様。そして、アラベス戦に向けて同監督は久保に対してマヨルカ時代によく見せていた90分間にわたる運動量と激しいプレスを求めているようだ。

 ここではトレーニング中の久保のベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧