代表チーム プレミアリーグ

違う代表チームでプレーしていたかもしれない選手達(プレミアリーグ編)

写真提供: Gettyimages

昨今、日本でもダイバーシティ化が進み多様化社会を迎えている。現代のフットボール界では多国籍者が珍しく無くなり、世代別の代表チームであれば自由に変更することが可能だ。一方、A代表に関してはルールが過去の時代より厳格化され、1つの国を代表して公式戦に出場したのであれば、他の国籍を有していてもチーム変更は難しい。

今回はそれぞれ複数の国籍を所持しながらも1つの国に忠誠を誓った選手達をご紹介しよう。

ピエール=エメリク・オーバメヤン
写真提供: Gettyimages

ピエール=エメリク・オーバメヤン

現所属:アーセナル

代表チーム:ガボン

稀代の点取屋であるオーバメヤンは、フランス国籍を持つ元ガボン代表の父とスペイン人の母の間に、フランスマイエンヌ県の中にある小さな町ラヴァルで誕生した。そのため同選手はガボン、スペイン、フランスの代表資格を持つ。U21までフランス代表でプレーしてきたオーバメヤンだが、父親が代表キャプテンだった影響を受けてU23からはガボン代表を選択している。同選手は19歳でA代表デビューを果たし、これまでに3回のアフリカネイションズカップ、1回のオリンピックを経験している。

エリック・ダイアー
写真提供: Gettyimages

エリック・ダイアー

現所属:トッテナム・ホットスパー 

代表チーム:イングランド

スパーズに所属するダイアーは、イングランド人両親の元、イングランド南西部にある町チェルトナムで生まれた。彼は家族と7歳の時にポルトガルへ移住しており、移住先のリスボンでスポルテイングCPの下部組織に入団した。同選手は2010年4月にクラブとプロ契約を交わし、同時期にポルトガルサッカー協会からも熱心に誘われてきた。ポルトガルへの愛着から家族全員は彼が召集に応じると思っていた。しかし、ダイアーは召集を決断する前にイングランドアンダーカテゴリーの合宿にも参加した。そこでピーター・テイラー、ノエル・ブレイク、ガレス・サウスゲイトなどの監督達と出会い、スリーライオンズ(イングランド代表の愛称)の為にプレーする決断を下す。

後に彼はインタビューでこう語っている。「ポルトガルは紛れなく私の家だ、しかし僕は小さい頃からいつだってイングランドの為に戦おうと胸に誓ってきた」

ダイアーはこれまでにEUROとW杯を1回ずつ経験しており、代表で40試合に出場している。

Previous
ページ 1 / 5