プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド

マンUのレジェンドMFスコールズ、カバーニの可能性を信じず「2年契約?3ヶ月が妥当だっただろう…」

エディソン・カバーニ 写真提供: Gettyimages

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFポール・スコールズが、テレビ局『StadiumAstro』のインタビューに応じ、2020年10月5日に同クラブと2年契約を締結したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについてコメントを述べた。

 スコールズはユナイテッドにとって同選手の獲得は間違った選択だと感じているようで「5年前なら素晴らしい獲得だったかもしれないが、33歳のカバーニはこのクラブにふさわしいFWを見つけるまでの穴を埋める存在だ。2年契約は間違えだ。3ヶ月が妥当だっただろう」と個人的な意見を発表した。

 また「若い時カバーニは素晴らしいストライカーだったかもしれないが、最近は引退まで考えていたという話も出ているね。2019/20シーズンの出場試合数は多くなかったし、現時点でこのクラブのプラスになれると思わない。ユナイテッドの判断が間違っている気がする」と話を続けた。

 はたしてカバーニはこれからユナイテッドのレジェンドの意見をひっくり返すほどのパフォーマンスを見せることができるのだろうか。

 ここではカバーニのパリ・サンジェルマン(PSG)でのキャリアを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧