セリエA 欧州その他

元ミランMFボアテング、ベルルスコーニのモンツァに移籍…ガッリアーニ、「彼のためにラブソングを」

ケビン=プリンス・ボアテング 写真提供:Gettyimages

 2010年から2016年にかけて2度ミランに所属した元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテングは、元ミランのオーナーであるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏のモンツァに移籍した。伊メディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 モンツァのCEOを務めている元ミラン副社長のアドリアーノ・ガッリアーニ氏は、同選手を獲得するための面白い作戦を明らかにした。「彼はカナダのクラブからオファーを受けていたようだが、「森ならモンツァにもあるよ」と冗談を述べたね。そして、ラブソングの入ったメールを山ほど送ったよ」

 ベルルスコーニとガッリアーニの元に戻るためにボアテングはサラリーカットに同意したようだが、契約の細かい金額は明らかとなっていない。

 セリエBに所属しているモンツァ、国際的なスターを手に入れ、2020/21シーズンにセリエA昇格の目標を果たすことができるだろうか。

 ここではミラン時代のボアテングが2012年にアーセナル相手に挙げたスーパーゴールを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧