リーグアン マルセイユ

元マルセイユDFディ・メコ、長友佑都を高く評価…「彼はきっとレギュラーになる」

長友佑都 写真提供: Gettyimages

 1980年から1994年にかけてオリンピック・マルセイユに所属していた元フランス代表DFエリック・ディ・メコは、フランスのラジオ番組のインタビューに応じ、同チームに所属している日本代表DF長友佑都についてコメントした。

 ディ・メコは長友を高く評価し「最初は控えメンバーとして使われるだろうが、いずれはレギュラーになると思う。同じポジションでプレーしているジョルダン・アマヴィは昨シーズンに素晴らしい活躍を見せたが、長友は彼のレギュラー枠を奪うことになるかもしれない。今シーズンの試合数は多いので両方の選手がターンオーバーで起用される可能性が高い」とコメントを残した。

 2020年8月31日にマルセイユへの加入が発表された長友は背番号「25」を背負い、9月20日に行われたリーグ・アン第4節のリール戦で新天地デビューを果たした。

今シーズンの長友、そしてチームメートである日本代表DF酒井宏樹はどんな活躍を見せてくれるのだろうか。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧