マルセイユ 日本代表・海外組

マルセイユ監督、長友佑都の現状を語る…「PSG戦でのスタメンは難しい」

長友佑都 写真提供:Gettyimages

 現地時間9月13日、オリンピック・マルセイユはフランス王者のパリ・サンジェルマンとの大事な一戦を迎える。試合前の記者会見で同クラブのアンドレ・ビラス・ボアス監督が日本代表DF長友佑都の現状を語り、先発出場が難しいことを明かした。

「間違いなく彼をスタメンとして使わない。メンバー入りにするかどうかを考えているところだ。(長友が)チームと合流した時に軽い拘縮があった。それを治療して、今週彼は良いトレーニングを行った。しかし、(フル出場には)まだ早い」

 また、長友のチームメートとの関係については「明日は彼の誕生日だ。チームメートにすぐ馴染んで、ダリオ(ベネデット)やアルバロといつも笑って話している。前から知っていたことだが、本当に面白いキャラクターだね」とコメントした。

同記者会見の一部はこちら。(表示されない場合はこちら


 なお、マルセイユはPSG戦の4日後にサンテティエンヌとの一戦も控えている。はたして長友の同クラブでのデビュー戦はいつになるのだろうか。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧