その他 ALL

ロッベンが現役復帰!引退後に復活したサッカーレジェンドたち

アリエン・ロッベン 写真提供: Gettyimages

2019年7月に現役引退を発表したバイエルン・ミュンヘンのレジェンド、アリエン・ロッベンが、36歳にして再びサッカー選手として復帰することになった。

ピッチが恋しくなった彼はデビューしたオランダのフローニンゲンに戻り、2020/2021シーズンに向けてコンディションを上げるために、数週間の特殊トレーニングを行っているという。6月27日にフローニンゲン公式サイトが明らかにしている。

引退後にサッカー選手としての人生が恋しくなり、再びプロの世界に戻った選手は大勢いる。今回はロッベンのように復活したサッカーレジェンドをまとめよう。


パブロ・オスバルド 写真提供: Gettyimages

オスバルド

かつてインテル、ローマ、ユベントスなどで活躍したパブロ・オスバルドは、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズでの最後の試合からすでに3年が経っていたにもかかわらず、2020年1月に復帰を発表した。

引退してからの3年間、彼はバンドを作って音楽活動を行い、ダンサーとしてもブレイクを試みたが、最終的には「大嫌い」と発言してしまったサッカーというスポーツのもとに戻ることとなった。

オスバルドが現在プレーしているクラブはアルゼンチンのバンフィエルドだが、落ちた体力と新型コロナウイルスの影響によって現時点までには1試合にしか出場してない。


アントニオ・カッサーノ 写真提供: Gettyimages

カッサーノ

引退に関する考えが最も曖昧な選手は、間違いなくアントニオ・カッサーノだ。2015年1月26日にパルマの財政難による給料未払いのため契約解除となり、そのまま引退すると思ったサポーターも多いが、同年8月9日にサンプドリアの選手として再びピッチに立った。

サンプドリア時代は彼にとって最悪な時期と言ってもおかしくない。クラブとの関係がうまく行かず、カッサーノはトップチームから追放され、プリマヴェーラ(ユースチーム)で練習することを命じられた時期もあった。2017年1月25日に彼は自らクラブと解約し、引退を発表した。

カッサーノのドラマはまだまだ続く。2017年7月10日にエラス・ベローナと1年契約を結び復活をした。しかし、それは一瞬のことだった。彼の活躍を楽しみに街が盛り上がっていたところ、練習にさえついていけなかったカッサーノは同じ月の18日にベローナ退団と同時に再び現役引退を発表した。


ポール・スコールズ 写真提供: Gettyimages

スコールズ

2011年5月31日、チャンピオンズリーグの決勝戦。マンチェスター ・ユナイテッドはバルセロナに敗れ、優勝を逃した。しかし、サポーターを苦しめたのは試合結果だけではなかった。試合後、レッド・デビルズのレジェンド、ポール・スコールズが引退を発表した。

引退後、スコールズはアレックス・ファーガソン監督のコーチングスタッフとしてクラブに残った。しかし、ファーガソンがずっと彼の選手としての復活を強く求めていたことは、あまり知られていない。

引退から約半年後の2012年1月8日、スコールズが現役復帰することが発表されると、同日に行われたFAカップのマンチェスター・シティとのダービー戦でベンチ入りし、64分から出場した。

現在45歳になるスコールズは、たまに息子アーロンの所属クラブ(ロイトン・タウン、イングランド11部相当)の試合に出場していると言われている。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧