オランダ代表 欧州その他

引退発表のロッベン。輝かしいキャリアを振り返る

 日本時間5日に現役引退を発表したアリエン・ロッベン。現役続行の噂が流れる中、サッカー史屈指のドリブラーは大きな決断を下した。クラブシーン、代表シーンで数々の栄光に輝いてきたロッベン。大舞台での印象的な活躍を覚えている方も多いだろう。今回は、そんなロッベンの輝かしいキャリアを振り返る。


オランダ時代

地元クラブ、VVベドゥムでサッカーを始めたロッベンは1996年にフローニンゲンの下部組織に入団する。それから4年後の2000年、弱冠16歳でプロデビューを飾った。フローニンゲンでレギュラーとして活躍したロッベンは、2002年に名門PSVアイントホーフェンに移籍。1年目から12得点を挙げる活躍をみせ、2002/2003シーズンはヨハン・クライフ賞(年間最優秀タレント賞)に輝いた。PSVでの活躍により、ロッベンはビッグクラブから注目を集める存在となる。

タイトル

エールディビジ優勝:1回

ヨハン・クライフ・シャール(国内カップ戦):1回


チェルシー時代

PSVで結果を残したロッベンは2004年にチェルシーへと移籍。欧州4大リーグ初挑戦となった。しかし、移籍後は精巣腫瘍患い、回復後は負傷に襲われるなど前途多難なスタートとなった。しかし、11月に少し遅れてプレミアリーグデビューを果たすと、同月の月間最優秀選手に選ばれる大活躍。チームのプレミアリーグ2連覇に大きく貢献した。

タイトル

プレミアリーグ優勝:2回

FAカップ優勝:1回

リーグカップ優勝:2回

コミュニティ・シールド優勝:1回


レアル・マドリード時代

チェルシーでも活躍を見せたロッベンは2007年に世界屈指のメガクラブ、レアル・マドリードへ移籍を果たす。チェルシー入団時同様、負傷により出遅れたが、9月のチャンピオンズリーグ(CL)ベルダー・プレー免染で移籍後初出場を果たすと、その後も結果を残し続けスタメンに定着。ただ、マドリード時代は度重なる負傷に苦しめられた時期でもあった。

ケガがちながらも、主力選手として活躍していたロッベン。しかし、2009年にクラブが大型補強を行いクリスティアーノ・ロナウドらを獲得すると、補強資金補填のために放出されることとなった。

タイトル

ラ・リーガ優勝:1回


Previous
ページ 1 / 2