その他 ALL

2020年インスタで見るサッカー選手ベストXI

リオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

SNSのフォロワー数が注視されるようになった現代。サッカー選手はピッチで戦うだけではなく、インターネット上でもポジション争いを行うようになった。

SNSでの人気は現在のピッチ上のパフォーマンス、今までの優勝数、ピッチ外の行動、外見など、様々な条件から生まれる。

今回は2020年のインスタグラム上にみるサッカー選手ベストXIをまとめよう。(なお、ポジションは各選手がカバーできるところからベストのマッチアップを選出。本来プレーしているポジションとは異なることもある)


テア・シュテーゲン 写真提供: Gettyimages

GK:テア・シュテーゲン
フォロワー数:1,145万人

レアル・マドリードの歴史を描いたイケル・カシージャス(1,648万フォロワー )が引退した今、インスタグラム上で最もフォロワーが多いゴールキーパーはバルセロナのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとなった。 

ボルシア・メンヒェングラートバッハのユースで育ったテア・シュテーゲンは、ドイツの同クラブで4シーズンプレーし、2014年5月に移籍金1200万ユーロでバルセロナに加入すると、2014/2015シーズンにはトレブル(1シーズンで3つの主要大会で優勝すること)を達成した。

さらに、ユース時代から現在まで、13年間ほどドイツ代表のゴールも守っている。人気があるわけだ。


ダニエウ・アウベス 写真提供:Gettyimages

RB:アウベス
フォロワー数:3,149万人

世界の右サイドバックで最高のフォロワー数を誇るのは、現在ブラジル・セリエAのサンパウロに所属しているダニエウ・アウベスだ。

彼はバルセロナ時代、ジョゼップ・グアルディオラ監督の元でチャンピオンズリーグ(CL)やリーガなどで優勝。その後、移籍したユベントスとパリ・サンジェルマンでも国内リーグタイトルを手に入れ、ブラジル代表でのタイトルも含めると40回の優勝を経験している。

ヨーロッパのトップリーグから離れ、地元のブラジルに戻った後でもSNSでの人気が続いている。


ダビド・ルイス 写真提供: Gettyimages

CB:ルイス
フォロワー数:1,942万人

ここで紹介する2人のセンターバックのうちの1人は、あと少しで2,000万人フォロワーを突破できそうなアーセナルのダビド・ルイスだ。

しかし、2014年に高額な移籍金4000万ポンド(約76億円)でチェルシーからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したルイスは、フォロワー数が減少してもおかしくないほどに最近パフォーマンスが落ちている。数日前、継続的な酷いプレーにもかかわらず、アーセナルと契約更新したと聞いたサポーターは、クラブ対する驚きと怒りを隠せなかった。

一方、アーセナルの監督であるミケル・アルテタは、こう釈明している。「ダビドが難しい時期を過ごしているのは事実です。しかし、彼はアーセナルにとって大事な存在です。彼の技術、そしてコミュニケーション能力はチームメイトの助けとなっています」


セルヒオ・ラモス 写真提供:Gettyimages

CB:ラモス
フォロワー数:3,927万人

もう1人のセンターバックは、2005年からレアル・マドリードに所属し、バンディエラ(チームの象徴たる選手)となりながら、サッカー界ベストディフェンダーの1人と評価されているセルヒオ・ラモスだ。

リーガのDF登録選手としては歴代最多ゴール記録を保持している上、2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会では全ての試合で右サイドバックとして先発し、FIFA選出のベストイレブンに選ばれた。

現在SNSで話題になっているのは彼の契約更新の話だ。テレビ局『El Chiringuito』によると、ラモスはロス・ ガラクティコス(レアル・マドリードの愛称)との契約延長を前向きに考えているが、1,800万ユーロ(約22億円)の年俸を求めているという。レアル・マドリードにいた頃のクリスティアーノ・ロナウド並みの年俸だ。


マルセロ 写真提供: Gettyimages

LB:マルセロ
フォロワー数:4,495万人

右サイドがダニエウ・アウべスだったように、左サイドもブラジル選手に支配されている。最もフォロワーの多い左サイドバックはレアル・マドリードのマルセロだ。

彼が手に入れてきた多くのトロフィー(リーグ優勝4回、CL優勝4回など)がSNSでの人気の源だと思われるが、それだけではチームメイトであるラモスを超えられないはずだ。

マルセロが話題の選手の1人になっているのは、頻繁にユーザーの酷いコメントに返信をしているためだと言われている。特に話題となったのは、2019年2月に行われたサポーターとのやりとりだ。あるサポーターがマルセロがピッチに立つことがマドリードの敗北の理由とコメントした。それに対して、マルセロはこう返信している「そうなんだ。すべて私のせいなんだね。はいはい頑張ります」

それによってSNSでの会話は熱くなり、マルセロはピッチにも同じ熱意を求められるなど多くの侮辱を受けることとなった。

Previous
ページ 1 / 3

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧