ラ・リーガ Jリーグ

東京五輪世代FW原大智がスペイン1部アラベスへ移籍する背景。大出世する歴代J3得点王!

原大智 写真提供:Gettyimages

2021年2月からクロアチアリーグのNKイストラ1961に加入していた東京五輪世代のFW原大智が、8月開幕予定の新シーズン(2021/22)からスペイン1部のデポルティーボ・アラベスへ移籍することが内定した。

東京都日野市出身の原は現在22歳。191cm84kgの大型ストライカーで、高さと強さだけでなくスピードも兼ね備えており、ウイングとしてもプレーできる。Jリーグ在籍時から球際の強さが印象的なタフなFW選手だ。


デポルティーボ・アラベス(左)NKイストラ1961(右)

アラベスとイストラの関係:世界で唯一のバスケチームが運営するフットボールクラブ

原の移籍先となるアラベスは、元日本代表MF乾貴士も2019年1月から半年間在籍したクラブ。スペイン北部バスク自治州の州都ビトーリアに本拠を構え、来季は6年連続でスペイン1部(ラ・リーガ)で戦う。

そんなアラベスは、世界初のプロバスケットボールクラブをオーナーに持つフットボールクラブでもある。スペインは、日本が5戦全敗に終わった2019年のFIBAバスケットボール・ワールドカップで優勝した強豪国。そのスペインバスケの国内リーグ「リーガACB」の強豪サスキ・バスコニアが、2011年にアラベスを買収した形だ。当時3部相当のセグンダBに降格し、財政危機に瀕していたアラベスをは、以降、サスキ・バスコニアをヨーロッパのトップクラブに育て上げた大株主ホセアン・ケレヘタ氏率いる「バスコニア=アラベス・グループ」が経営している。

そしてバスコニア=アラベス・グループは2018年6月、「クロアチアは世界で最もタレントの発掘率が高い国」との考えから、原が所属することになるNKイストラ1961を買収した。原はイストラで公式戦18試合の出場で8ゴールを挙げたが、リーグでは14試合2ゴールのみ。つまり、この路線があるからこそ、アラベスが獲得した選手である。

ちなみにアラベスは鹿児島ユナイテッド(J3)とも提携しており、日本市場も開拓しつつある。今後も日本のサッカーファンが注視していくべき“やり手クラブ”だ。


スピード兼備の大型FW原の無限大のポテンシャル

そんなアラベスへ加入する原は、中学校入学のタイミングからFC東京U-15むさしへ入団し、高校年代はFC東京U-18へ昇格。高校3年時にはFC東京U-23の一員として明治安田生命J3リーグでJリーグデビューし、18試合出場5ゴールという結果を残す。高校卒業のタイミングである2018年からFC東京のトップチームへ昇格したものの、明治安田生命J1リーグでのデビューの機会はプロ3年目の昨年まで訪れなかった。

プロ入り後に苦戦した理由としては筋力トレーニングの徹底により体が重くなってしまったと自己分析し、以降は力まずに自由自在に体を使えるようにする「ゆるトレ」を導入して成功。2019年にはJ3リーグで31試合に出場して19ゴールを挙げ、見事にJ3リーグの得点王に輝いた。

昨年デビューしたJ1リーグでは26試合に出場したものの、先発出場は4試合のみ。プレータイムは629分間に終わり、3ゴールという結果も実績を残したとは言えない。それでも7試合分にしか満たない時間で、26本のシュートを記録していることが凄まじい。それもトップチームでの出場はほぼ右ウイングか試合終盤のパワープレイ要員に限られる中での記録である。1試合平均約4本のシュートを放ち、スピードも兼備する191cmの大型ストライカーはポテンシャル抜群である。

Previous
ページ 1 / 2

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧