Jリーグ

J3クラブ別、2020決算報告データまとめ。桁違いの赤字を出したのはあのクラブ

J3クラブ別、2020決算報告データまとめ

Jリーグは5月28日、2020年度のクラブ経営情報を公開し、3月決算の3クラブ(柏レイソル、湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田)を除いた2020年度Jリーグの状況を明らかにした。

関連記事:J1クラブ別、2020決算報告データまとめ。コロナ禍での黒字は2クラブ
関連記事:J2クラブ別、2020決算報告データまとめ。桁違いの赤字を出したのはあのクラブ

J1、J2クラブに続き、J3クラブの経営情報データから営業収益、人件費、営業利益についてご紹介する。


画像:2020年度J3クラブ営業収益(単位:百万円)

営業収益

本業から得られた収益である「営業収益」だが、フットボールを生業にするJリーグクラブの営業収入には、スポンサー収入・入場料収入・Jリーグ配分金・物販収入・アカデミー関連収入などが挙げられる。

上記は2020年度J3クラブの営業収益をプロットしたデータとなる。最も営業収入が高かったクラブはFC岐阜で8億5300万円、最も少ない営業収益はY.S.S.C横浜で7300万円となった。J3クラブ全体の営業収益は2019年度と比較しておよそ2%の減少に留まった。一方でいわてグルージャ盛岡やカターレ富山のように増収に転じるクラブも目立つ結果となった。


画像:2020年度J3クラブスポンサー収入(単位:百万円)

スポンサー収入

クラブの収益の大部分を占めるスポンサー収入に着目する。2020年度最もスポンサー収入を得たクラブはFC岐阜で5億3400万円、最も少ないスポンサー収入はY.S.S.C横浜で2200万円となった。

J3クラブ全体においてスポンサー収入は2019年度と比較しておよそ9%増加、金額にしておよそ3億9500万円の増加となった。2019シーズンからJ3へ加入を果たしたFC今治によるスポンサー収入の牽引が増加の要因の1つになっている。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:イングランドのクラブはだいたい好きです。日本では京都サンガ応援してます。

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。かれこれ人生の半分以上はサッカー観戦に明け暮れ、週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグを中心に観戦をしております。最近上司がメイソン・マウントにハマり、その影響かチェルシーが好きになりそうな自分がいます。執筆だけでなく、stand.fmでラジオも配信しております。ぜひこちらからお楽しみください。

筆者記事一覧