その他 日本代表・海外組

東京五輪U-24日本代表メンバー予想!前線に”川崎式”導入?最後の1枠は?

写真提供:Gettyimages

日本サッカー協会(JFA)は、6月22日(火)の14時から東京オリンピックに参戦するU-24日本代表メンバー18名の発表を行う。

今回発表されるU-24日本代表のメンバーは、7月12日(月)に開催される「キリンチャレンジカップ2021」U-24ホンジュラス代表戦、17日(土)に開催される同杯U-24スペイン代表戦にも出場する。

東京五輪の男子サッカー競技は、全16カ国で7月22日から8月7日の日程で競われる。4カ国ずつが4グループに分かれてグループステージを戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。8月7日に行われる決勝までメダルを争うことになる。A組に入った日本は、フランス、メキシコ、南アフリカと対戦する。

ここではU-24日本代表メンバーを予想していきたい。


吉田麻也 写真提供:Gettyimages

OA枠確定的にて、問われるポリバレント性

年齢制限がない女子とは違い、男子の五輪サッカー競技には24歳以下の制限がある。3名までは「オーバーエイジ(OA)枠」として24歳以上の選手を登録できる。

今回のU-24日本代表は、すでに大会2カ月前の時点でDF吉田麻也(サンプドリア/イタリア)、酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)の3名をオーバーエイジ枠として招集し、チームに加えて実戦もこなしている。3名ともフル代表のレギュラーにして欧州主要国でも主力を張る実力者なだけに、怪我などのアクシデントがない限りメンバー入りは確実だろう。

オーバーエイジ枠の3名の加入は確実な戦力アップをもたらすものの、それによって24歳以下のメンバーが入る枠はもともと狭き門である18名から15名へと縮小されるため、競争はさらに激化する。そうなると、大会期間中はほぼ中2日での過密日程のため、複数のポジションをこなせるポリバレント(多機能型)な選手が重要になってくる。女子はもともとポリバレントな選手が多かったために選考のポイントとして敢えて挙げる必要はなかったが、男子にはポリバレント性が問われるだろう。


鈴木彩艶 写真提供:Gettyimages

GK:実力主義で行くからこその鈴木

通常はオーバーエイジ枠をGKで使うものだが、現在は明治安田生命J1リーグで主力を張る若手GKが4人もいる。その実力も経験値も折り紙付きである。だからこそ、経験よりも実力と調子で選考したい。そうなると、20歳の谷晃生と18歳の鈴木彩艶の年少コンビになる。

特にバスケットボールのNBAプレーヤー・八村塁(ワシントン・ウィザーズ)のような高さもあり、幅もある鈴木を正GKに据えたい。190cm91kgというサイズに、俊敏性と反射神経の鋭さも兼ね備えるワールドクラスのタレントになれる逸材だ。

最年少ながら精神的にも落ち着いている鈴木は、所属する浦和レッズで日本代表経験も豊富な絶対的守護神の西川周作からポジションを奪い、J1リーグデビューから3試合連続無失点を記録するなど、出場6試合で4完封している。相手ペナルティエリアまで届きそうな爆裂キックも魅力だ。今使わないで、いつ使うか?今でしょ?

そして、ハイボールに強くここ1年半ほどで最も伸びているGKとして、谷を選出したい。J1リーグでの経験も、この代表での招集歴も最も豊富な大迫敬介(サンフレッチェ広島)と、常勝軍団鹿島アントラーズでポジションを奪った沖悠哉はもちろん実力者だが、彼等は現在ややパフォーマンスを落としていることと、やや好不調の波が見られるために選外とした。

Previous
ページ 1 / 3

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧