その他 女子サッカー

なでしこジャパン、東京五輪メンバー18人を徹底予想!サプライズは?最後の1枠は?

日本代表の熊谷紗希(左)岩渕真奈(中)菅澤優衣香(右)写真提供:Gettyimages

日本サッカー協会(JFA)は東京五輪に参戦する女子日本代表(なでしこジャパン)の登録メンバーを、6月18日(金)15時からオンラインで発表すると公式にリリースした。

東京五輪の女子サッカー競技は全12カ国で競われ、7月21日から8月6日にかけて行われる。なでしこジャパンはカナダ、イギリス、チリと同じE組。グループリーグ2位以上、もしくは3位の成績上位2カ国がグループステージを突破し、決勝トーナメントを戦う。

尚、登録メンバーは男子に24歳以下の選手(年齢制限のない選手=オーバーエイジは3名まで登録可能)という年齢制限があるが、女子には適応されない。ただし、男女ともに登録枠は18名。決勝まで進むと、ほぼ中2日で6試合を戦う超過密日程なだけにメンバー編成が結果を大きく左右するだろう。

ここでは2012年のロンドン五輪では銀メダルを獲得しながら、前回大会のリオディジャネイロ五輪ではアジア予選敗退に終わった、我らがなでしこジャパンのメンバーを予想したい。


DFとFW両方のポジションをカバーできる日本代表の宝田沙織 写真提供:Gettyimages

男子よりもポリバレントな選手が多い

男子でも18名という狭き門を巡る議論が後を絶たないが、メンバー選考のポイントとして共通するのは、「複数ポジションをこなせる選手」の存在である。

しかし、なでしこジャパンに関しては所属チームでDFとFWの両方をこなす、高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)や宝田沙織、ボランチとサイドバックを兼任する宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)や、SBとサイドMFをこなす北村菜々美や遠藤純など、もともとポリバレント(多機能性)な選手が多いため、わざわざ議論のポイントに加える必要はないだろう。

GK2人の他には、シンプルにセンターバック・サイドバック・ボランチ・攻撃的MF・FWとポジションを5つに分けて、それぞれ3人ずつ選べば17人。「最後の1枠」が誰か?が議論の対象となるだろう。

それではGKから順番に見て行こう。


日本代表GK池田咲紀子 写真提供:Gettyimages

GK:双璧の山下&池田。スタンボーは?

五輪登録メンバーは18名のため、GKは2名の選出となる。

この4年間、山下杏也加と池田咲紀子の2人がほとんどの代表戦でプレーして来た。負傷などのアクシデント以外でどちらか一方が離れるようなことがあったら、それこそが事件だ。

GK経験は高校からの山下は、女子では超ド級の左足のキック力で度肝を抜く。PKストップにも強く、足下の技術も確か。代表では戦術的にGKをビルドアップに上手く組み込めきれていないために勿体ない印象。池田は守備範囲が広くリベロ型でビルドアップ能力はフィールド選手と遜色ない現代的なGKだ。

サプライズがあるとすれば4番手と見られている22歳のスタンボー華(大宮アルディージャVENTUS)。身長175cmと先輩2人よりも上背があり、2018年には「FIFA U20女子W杯」で優勝に導いた守護神。ダイナミックなセーブで逆転を狙うが、未だになでしこジャパンでのデビューに至っていないため、山下と池田の牙城は崩れないだろう。

Previous
ページ 1 / 3

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧