ラ・リーガ レアル・マドリード

レアルのジダン監督、逆転優勝諦めず「ピッチ上で全てを捧げたい」

ジネディーヌ・ジダン: Gettyimages

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、逆転優勝に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。

 ラ・リーガ最終節を前に首位のアトレティコ・マドリード(勝ち点83)を勝ち点2差で追うレアル・マドリード(勝ち点81)。22日に本拠地で行われる最終節のビジャレアル戦に勝利かつアトレティコが引き分け以下に終わった場合、リーグ戦連覇が決定する。

 その一戦に先駆けた記者会見に臨んだジダン監督は、逆転優勝を諦めていないことを強調。難敵ビジャレアル相手にレベルの高い試合運びをしたいと述べている。

 「明日は特別な日だ。リーグ戦の最終節。難しいこともあったが、我々はピッチで全てを捧げるよ。相手が好調なのはわかっている。勝ち点3を獲得するために全力を尽くしたいと思う。一番大事なのは私でも他の誰でもない。チームと明日の試合だ。成し遂げたいことがあるし、それが原動力になっていることが事実だ。今季起こった全てのことを経て、我々はビジャレアル戦のみに集中している。非常に高いレベルで90分間プレーして、リーグ戦の逆転優勝を目指したい」