セリエA ミラン

元ミランFWロビーニョ、サントスへ3度目の移籍。月給はわずか3万円?

ロビーニョ 写真提供: Gettyimages

 2010年から2015年にかけてミランに所属していた元ブラジル代表FWロビーニョは、10月10日に母国のサントスに3度目の移籍を果たした。一方、同クラブでの月給はわずかの3万円となっているようだ。伊メディア『イル・ポスティチポ』が報じている。

 同選手は所属していたトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルを退団し、サントスと契約交渉を進んでいたようだが、経済的な面でこの交渉は難航していた模様。しかし、サントスを愛するロビーニョは年俸を顧みず同クラブに戻りたいと強く求め、1500レアル(約2万8000円)の月給に合意をしたという。

 この移籍についてロビーニョは「ここは私の家だ。私の目標はピッチ内でもピッチ外でもこのクラブに協力して、ふさわしいところに連れ戻すことだ。私がヨーロッパに移籍できたのはこのクラブのおかげだからね」とコメントした。

 ここではサントスでのロビーニョのベストシーンを振りかえろう。少年時代も半端ないテクニックとスピード!!(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧