セリエA ミラン

イブラ、新型コロナ陽性についてコメント…「私に挑んだのか?バッドアイディアだ」

ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供: Gettyimages

 現地時間9月24日。ミランに所属している元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、新型コロナウイルスへの感染が確認されたようだ。伊メディア『コッリエーレ・デロ・スポルト』が報じている。

 イブラヒモビッチはミランの公式発表後に自身のツイッターを更新。「昨日のテストでは陰性だったのに今日は陽性か!現時点では無症状だ。コロナは私に挑む勇気があったんだな。バッドアイディアだ」とコメントした。

 なお、イブラヒモビッチは今後2週間の間、自主隔離を行うこととなるようだ。このことにより、セリエAのクロトーネ戦、そしてスペツィア戦を欠場する見通しとなっている。

 また、現地時間10月17日にはインテルとのミラノダービーが予定されている。はたしてイブラヒモビッチはミラノダービーまでに復帰することができるのだろうか。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧