日本代表・海外組 海外日本人選手

鹿島アントラーズ&セレッソ大阪で指導を担ったボタフォゴ監督アウトゥオリ、本田圭佑を高く評価

本田圭佑 写真提供: Dugout

 2006年に鹿島アントラーズ、そして2015年にセレッソ大阪を指導した現ボタフォゴ監督パウロ・アウトゥオリ氏は、同チームに所属する元日本代表MF本田圭佑を高く評価している。ブラジルの『FogaoNet』が報じている。

 アウトゥオリは本田のスキルを褒めた上に、彼のピッチ外の姿も見習うべきものがあるとコメントした。「日本で監督を務めた時に本田の国内評判がわかった。本田の社会との関わり方は素晴らしい。文化などに関する社会活動も頑張っている」

 なお、多くの活動に力を入れている本田は、2020年8月に行われたボタフォゴの公式インタビューで教育の重要性について語った。「僕が考える教育は、若手選手と積極的にコミュニケーションを取ること。教育の魅力的なところは、知識やスキルはものと違って、一度身につけると一生自分のものになるところです。故郷や経済的な状況に関係せず、どの子供でもクオリティのある教育が受けられる環境であるべきです」

ここでは本田がボタフォゴのデビュー戦で挙げた得点を振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧