その他 ALL

歴代最強“ハゲ”のサッカー選手ベストイレブン

写真提供: Gettyimages

皆の「憧れの選手」となるクリスティアーノ・ロナウドやデビッド・ベッカムなどは、レベルの高いテクニックを持ちながら、髪型までがかっこいい。

しかし彼らほど見た目がかっこよくなくとも、サッカー界のトップに上り詰めた「ハゲている」選手は大勢いる。

今回は歴代最強のハゲのサッカー選手ベストイレブンをまとめてみよう。美男子コンテストに優勝することはまずないだろうが、どのサッカー大会でも優勝ができるはずだ。


ファビアン・バルテズ 写真提供: Gettyimages

GK:バルテズ

1994年から2006年にかけて、フランス代表のゴールを守ったファビアン・バルテズ。大柄な体格ではなかったが、圧倒的な瞬発力と機動力を持っていた。その武器が最も際立っていたのは、1998年と2000年、フランス代表がFIFAワールドカップと欧州選手権(ユーロ)で連続優勝を果たした時だ。

オリンピック・マルセイユ、モナコ、マンチェスター・ユナイテッドなどで大活躍したバルテズは、指導者としてサッカー界に残ると思われていた。しかし、引退後はモータースポーツに目覚め、全く新しい人生を歩み始めている。

サッカー選手時代から見られたバルテズの喜ぶ姿は、レースの世界でも目の当たりにできるという。彼は未だにハゲている頭にキスをされるのが大好きのようだ。


パブロ・サバレタ 写真提供: Gettyimages

DF:サバレタ

2005年FIFAワールドカップU-20で、アルゼンチン代表のキャプテンとして優勝を果たしたパブロ・サバレタ。その時の素晴らしいパフォーマンスでスペインのエスパニョールに目を付けられ、ヨーロッパでプレーすることになった。

サバレタが最も輝いたのは、マンチェスター・シティのディフェンダーとして活躍した時代(2008-2017)だろう。2度のプレミアリーグ優勝を含め多くの勝利を重ねた。ガッツのあるプレーとアシストマンとしての実力でシティのレジェンド的な存在となっている。

2017年5月26日、他のリーグからのオファーを断り、プレミアリーグに残ることを優先してウェストハムに移籍したサバレタ。今年(2020年)1月10日にシェフィールド・ユナイテッドを相手にイングランドで300試合出場という目標を達成し、プレミアリーグで最も出場試合回数が多いアルゼンチン選手となった。


ヤープ・スタム 写真提供: Gettyimages

DF:スタム

現在はアメリカのMLSでシンシナティの監督を務めているヤープ・スタム。1997年、地元オランダのPSVアイントホーフェン所属時にチャンピオンズリーグ(CL)デビューし、当時マンチェスター・ユナイテッドの監督だったアレックス・ファーガソンに目を付けられた。

1998年にユナイテッドに移籍すると、1年目にもかかわらずスタメンとして活躍。レッド・デビルズ(ユナイテッドの愛称)は、スタムの守備力と共に同シーズン中45試合連続無敗を記録した上、リーグ、CL、FAカップで優勝、トレブル(1シーズンで3つの主要大会で優勝すること)を達成した。

その後はイタリアに渡り、ラツィオ(2001-2004)とミラン(2004-2006)でプレー。当時のセリエAでは強いフィジカルが求められ、プレミアリーグから移籍した選手は慣れるまでに時間がかかると言われていたが、192センチの身長と93キロの体重のスタムは何の苦労もなくすぐに慣れ、大活躍を続けた。


ハビエル・マスチェラーノ 写真提供: Gettyimages

DF:マスチェラーノ

かつてのバルセロナのレジェンド、ハビエル・マスチェラーノ。2019年にアルゼンチンに帰国し、国内リーグのエストゥディアンテスでプレーしている。

マスチェラーノがブラウグラナ(バルセロナの愛称)に加入したのは2010年8月。しかし、すぐに活躍できたわけではなかった。当時の監督ジョゼップ・グアルディオラは彼よりセルヒオ・ブスケツを好み、控えメンバーとしての日々が続いた。

しかし、チームの要であったカルレス・プジョルの身体トラブルが続くと、マスチェラーノはシーズンの途中からスタメンとして起用され始め、チャンスを見逃さずに力を発揮していく。

バルセロナでは、リーガ優勝4回、CL優勝2回など、多くのタイトルを手に入れた。アルゼンチン代表選手としては147試合に出場し、インテルのレジェンドのハビエル・サネッティを超え、最も出場回数の多い選手となった。


マイコン 写真提供: Gettyimages

DF:マイコン

2006年から2012年にかけて、インテルのユニフォームを纏ったマイコン・ダグラス・シセナンド。ネラッズーリ(インテルの愛称)が4回連続セリエA優勝を果たし、2009/2010シーズンにはトレブルまで達成できたのは、彼のようなサイドバックがいたからに違いない。

マイコンは長い間ブラジル代表の要の選手でもあり、2010年FIFAワールドカップではベストイレブンに選ばれている。しかし残念なことに、彼の時代のブラジル代表はかつてと比較しそこまでの強豪とは言えず、タイトルを手に入れることはできなかった。

現在マイコンは地元ブラジルのクラブ、クリシューマでプレーし続けているが、引退発表が近いと言われている。

Previous
ページ 1 / 3

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧