セリエA ALL

「裏切り者」と呼ばれるセリエA監督5人

写真提供: Gettyimages

2011年から2014年にかけてユベントスを支える選手だったアントニオ・コンテは、2019年5月31日にビアンコネーリ(ユベントスの愛称)の最大のライバル、インテルの監督になることを決めた。

コンテはその選択についてこう話した。「指導者になると決めた時はサッカー選手としてのキャリアを忘れて再スタートを切ることにしました。選手が1つのクラブにずっと所属することはあり得る話ですが、監督の場合はそれが難しい。監督はたくさんの違うチームのために全力を尽くさなければならないです」

そんなコンテは現在とても複雑な状況にいる。まず、ユベントスのサポーターは彼がインテルのオファーを受け入れたことを未だに許してない。

さらに、ユベントス(リーグ1位)とインテル(リーグ4位)との間に差が開きつつある現在、インテルの多くサポーターがコンテが原因と訴えているのだ。「どうせ彼はユベントスの優勝を願っている」と。

ライバルチームに渡ったことでサポーターの怒りを浴びてきた監督は他にもいる。今回はコンテを含め「裏切り者」と呼ばれているセリエAの監督をまとめよう。


アントニオ・コンテ 写真提供: Gettyimages

コンテ

冒頭で紹介したようにユベントスとの確執があるインテルの監督コンテは、レッチェ(リーグ17位)のサポーターからも良く思われていない話が有名だ。

知らない人も多いかもしれないが、コンテはレッチェのユースで育てられ、1986年4月6日に16歳8ヶ月にしてセリエAデビューを果たしている。そして、当時の監督カルロ・マッツォーネの元、レッチェでとても重要な存在となった。

しかし、ジャッロロッシ(レッチェの愛称)は、コンテが2007年12月にライバルであるバーリ(当時両クラブ共にセリエB)の監督になったことを未だに許していないという。

彼がバーリの監督となってからは10年以上が経っているにも関わらず、2020年1月19日に行われたレッチェ対インテルの試合では「裏切り者コンテ。この町の市民にとってお前はクソだ」と書かれた看板を持ったサポーターが、スタジアムでブーイングをしていた。


ズデネク・ゼーマン 写真提供: Gettyimages

ゼーマン

かつて数多くのチームを指導してきたズデネク・ゼーマンは興味深い男だ。一貫してワクワクする攻撃的なサッカーを見せ多くのサポーターに夢を与えた。しかし、ユベントスをはじめ、複数のクラブを八百長などで訴えてきたことで、サッカー関係者の中では嫌われている。

ゼーマンは、1994年から1997年にかけてラツィオの指揮官を務めていた。そして解任になってすぐ、同じ街のライバルチーム、ローマに渡っている。ビアンコチェレスティ(ラツィオの愛称)サポーターはがっかりしたが、当初は裏切られた気持ちにならなかったという。

ゼーマンとラツィオの関係が悪くなったのは、ゼーマンが2度目のローマ監督に就任した時(2012/2013シーズン)だ。なぜなら当時ゼーマンが「この街のチームは1つ、ローマだけですね。ラツィオはしっかりした企画もなく、適当なクラブです。二度と戻ることはないと思います」と口にしたためだった。

その時からビアンコチェレスティは、ゼーマンという男の顔を見る度に頭に血が上るという。


レオナルド 写真提供:Gettyimages

レオナルド

かつて鹿島アントラーズでも活躍したブラジル出身のレオナルド。イタリアではミランにとってとても重要な存在だった。1997年から2001年にかけてロッソネーリ(ミランの愛称)のユニフォームを纏い、177試合に出場して22得点を決め、サポーターにとても愛されていた。

当時のレオナルドは、感動的な言葉でミランに別れを告げている。「私はミランを愛しています。イタリアの他のチームでは絶対にプレーしません。ミラン相手に闘いたくはありません」

その後、2002/2003シーズンの短期間だけミランに復帰し、2009年にミランの監督に就任。攻撃的なサッカーでサポーターを楽しませた。しかし、この世には完璧な人間などいない。

レオナルドは、2010/2011シーズンに同じミラノのチーム、インテルのオファーを受けると、ラファエル・ベニテスに代わってネラッズーリ(インテルの愛称)の監督となったのだ。

これにはサポーターだけでなく、ミランでチームメイトだった数人も怒りを隠さなかった。当時、ジェンナーロ・ガットゥーゾ(現ナポリ監督)が応援団と一緒に「レオナルドはクソやろう」と歌ったシーンが話題となった。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧