その他 ALL

ブロゾビッチ、ビダル…飲酒運転で処分を受けたサッカー選手5人

写真提供: Gettyimages

飲酒運転は世界中どこの国でも大きな問題である。この罪を犯すほとんどの人が「これぐらい飲んでも大丈夫」と思っていることがよく言われているが、この行為によって多くの人の命が危険に晒されることは、誰もが自覚しなければならない。

プロサッカー選手の中にも、クラブの厳しい規則にもかかわらず飲酒運転し、この深刻な問題の重要性を理解していない人が存在する。

今回は、飲酒運転で運転免許停止や免許取り消しの処分を受けたサッカー選手をまとめよう。


マルセロ・ブロゾビッチ 写真提供:GettyImages

ブロゾビッチ

今週末(2020年7月10日の深夜)セリエAインテル所属のMFマルセロ・ブロゾビッチが、自身の所有するロールス・ロイス・カリナンを運転していたところ、警察官に止められた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

ブロゾビッチが止められた理由は、赤信号を無視したことだった。しかし、アルコール検査も実施したところ、彼からは基準値を超えるアルコールが検出された。さらには、車にドイツのナンバープレートがついていたことが問題となり、運転免許が取り消されることになったという。どのくらい運転ができないか、期間についてはまだ明らかにされていない。

警察による罰金処分はもちろんのこと、クラブ側も彼の行動に対し処罰する予定である。現在セリエAではユベントスに大きく差をつけられて混乱に陥ってるインテルにとっては、抱える問題がもう一つ増えた。


マルコ・ベッラッティ 写真提供: Gettyimages

ベッラッティ

ブロゾビッチと似たようなエピゾードが、パリ・サンジェルマン(PSG)所属のイタリア人MFマルコ・ベッラッティにもあった。2018年11月にパリの環状道路を車で走っていたベッラッティは警察官に止められ、飲酒運転していたことで免停となり、数時間逮捕されたという。

PSGは契約に基づき、月給の5%を差し引く処分を下し、クラブのイメージまで汚されたとしてメディアの前での謝罪も命じた。

ベッラッティは謝罪時にこう話している。「本当に申し訳ないことをしました。事件の次の朝すぐに、クラブ関係者、監督、そしてチームメイトに謝りました。二度と同じことが起きないように気をつけるつもりです。私には息子が二人いますが、大きくなったら彼らにも同じことが起きないように私の罪の話をしたいと思います」


ラジャ・ナインゴラン 写真提供: Gettyimages

ナインゴラン

2017年3月25日に起きた出来事。2018年のロシアFIFAワールドカップ予選ギリシア戦の後、現在カリアリ所属のMFラジャ・ナインゴラン(当時ローマ所属)が、友達の飲み会に参加し飲酒運転をしたと、ベルギーのメディア『Nieuwsblad』が報じた。1,600ユーロ(約21万円)の罰金が命じられ、1ヶ月間の免停処分を受けている。

ナインゴランはこう釈明している。「僕は運転していませんでした。運転手の隣の席に座っていました。ただ、車がパンクしてしまい、友達が歩いて助けを求めに行った時、運転席に座っただけです」

実際にナインゴランが運転していたかどうかは分からないが、警察が現場に着いた時点で運転席に座っていたこと、そして彼から基準値を超えるアルコールが検出されたことは事実だ。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧