セリエA ユベントス

ユーベ史に残る、まさかの逆転負け試合4選

カルロス・テベス 写真提供: Gettyimages

先日(2020年7月8日)行われたセリエA第31節、ユベントス対ミラン。ユベントスのMFアドリアン・ラビオの先制点、FWクリスティアーノ・ロナウドのスーパーゴールの後に、ミランが追いつくとは誰も思わなかっただろう。

追いつくどころかロッソネーリ(ミランの愛称)は、わずか8分の間に大逆転に成功し、4-2という結果で勝利を収めた。(ミランの得点を挙げたのは、FWズラタン・イブラヒモビッチ、MFフランク・ケシエ、FWラファエル・レオン、FWアンテ・レビッチ)

この試合はビアンコネーリ(ユベントスの愛称)にとって、サポーターにも不安をもたらす歴史的な逆転負けの1つとなった。

今回は、ユベントスがこれまでに経験してきたまさかの逆転負け試合をまとめてみよう。


ポール・ポグバ 写真提供: Gettyimages

2013/2014セリエA:フィオレンティーナ(4)vs ユベントス(2)

今回のミラン戦と似たような逆転負けがもう1つあった。それは2013/2014シーズン中にフィオレンティーナのホームスタジアム、アルテミオ・フランキで行われた一戦だ。

ユベントスは前半の間にゲームを完全に支配し、MFポール・ポグバとFWカルロス・テベスの得点で結果的にも試合をリードしていた。

すると後半、フィオレティーナは15分の間に(後半21分から36分にかけて)4得点も挙げ、ビアンコネーリにとって思ってもいない展開となった。

ヴィオーラ(フィオレンティーナの愛称)の主役は、FWジュゼッペ・ロッシだった。前半は痛めていた背中のこともあって動きが鈍く、ユベントスのディフェンス陣に消されていたが、後半になって調子を上げるとハットトリック(3得点)を決めている。

残りの1得点を挙げたのは、現在スペインのレアル・ベティスでキャプテンを務めているMFホアキン・サンチェスだった。


フアン・クアドラード 写真提供: Gettyimages

2015/2016チャンピオンズリーグ:バイエルン・ミュンヘン(4)vs ユベントス(2)

2016年3月。チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝に向かう大事な試合。ユベントスはバイエルン・ミュンヘンとの2戦目を迎えた。ホームのアリアンツ・スタジアムで行われた1戦目は2-2引き分けており、ドイツでの2戦目は勝利する必要があった。

ビアンコネーリの試合へのアプローチは素晴らしかった。当時のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、DFジョルジョ・キエッリーニ、FWマリオ・マンジュキッチ、FWパウロ・ディバラなど多くの怪我人を抱えており、あまり見かけない4-5-1という守備的な形を採用。にもかかわらず、70分以上の間試合をコントロールし、ポグバとMFフアン・クアドラードのゴールでリードしていた。

ところがバイエルン・ミュンヘンは諦めなかった。73分にチームの要であるFWロベルト・レバンドフスキが1点を返し、ロスタイム1分目にFWトーマス・ミュラーが同点ゴールを決めると、試合は延長戦に進む。

そうなると、ユベントスの怪我人の不在は大きかった。疲れてバテ気味のビアンコネーリは、わずか3分(107〜110分)でMFティアゴ・アルカンタラとMFキングスレイ・コマンの得点によって逆転され、CLを去ることとなった。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧