ALL Jリーグ

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(4位〜1位)

アンドレス・イニエスタ 写真提供: Gettyimages

2020年の明治安田生命J1リーグが、2月21日にいよいよ開幕となる。今シーズンはどんな戦いとなるだろうか?

フットボール・トライブ・アジア編集部のクリシュナ・サドハナによる大胆なJ1ランキング予測を、ここで数回に分けて紹介したい。これから厳しい戦いに挑むJ1クラブを分析し、降格、カップ戦優勝、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)枠を含めて、シーズン終了後にはどのようなランキングとなるかを予測していく。果たしてどの予測が実現するかしないか。

もちろん、これはあくまでも予測であり、違う考えを持つサポーターも多いだろう。是非SNSやコメント欄を使ってご意見ください。

今回は4位から優勝クラブ(1位)までの予測をどうぞ。前回までのランキングはこちら。

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(8位〜5位)

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(13位〜9位)

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(18位〜14位)

小林悠 写真提供: Gettyimages

4位:川崎フロンターレ

2019結果:4位/2020注目選手:小林悠

鬼木達監督率いる川崎フロンターレは、2017年と2018年のJ1リーグ優勝で2年連続王者となったが、2019年は横浜F・マリノスの台頭により連覇を続けることができなかった。しかし、前シーズン全てがうまくいかなかったわけではない。富士ゼロックススーパーカップ戦を制し、ルヴァンカップも優勝。2つのトロフィーをショーケースに加えることができている。

実際、リーグでの調子もそこまで悪くはなかった。もし横浜FM、FC東京、鹿島アントラーズが同じタイミングで躓いていたら、J1での3連覇のチャンスもあり得ただろう。しかし、シーズン開始時のスロースタートと終了間際でのスランプにより、2019年のトロフィーは神奈川のライバルである横浜に渡った。さらに川崎にとって痛手だったのは、横浜が優勝をほぼ確実にしたのは第33節川崎のホームでの直接対決(4-1で横浜が勝利)だったことだ。

2020年に向けては、シーズンオフ中に名古屋グランパスに渡った阿部浩之以外、多くのキープレイヤーが等々力陸上競技場に残っており、鬼木監督はホッとしているだろう。

中村憲剛 写真提供: Gettyimages

2019年の川崎は良いチームだった。7月19日に横浜国際総合競技場で行われたチェルシーとの対戦では、プレミアリーグのクラブを1-0で破り、フランク・ランパード監督に初めての黒星もつけている。小林悠、齋藤学、家長昭博、レアンドロ・ダミアンなどの同じメンバーが、2020シーズンの開始を待ち望んでいる。一方で、クラブのレジェンド中村憲剛が、昨年の膝の深刻な怪我により長い間離脱となることは、鬼木監督にもサポーターにも残念なことだ。

川崎は今年も優勝争いに絡むことになるだろう。クオリティの高い選手が揃い、2020年の栄光に向けて挑む監督がいる。しかし、さらに上位に設定した3チームの資力、戦力、闘志と比べると、川崎には若干の不足があるのではないかと思われる。従って、今年も2019シーズンと同じ順位に予測した。

Previous
ページ 1 / 4

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧