ALL Jリーグ

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(8位〜5位)

柿谷曜一朗 写真提供: Gettyimages

2020年の明治安田生命J1リーグが、2月21日にいよいよ開幕となる。今シーズンはどんな戦いとなるだろうか?

フットボール・トライブ・アジア編集部のクリシュナ・サドハナによる大胆なJ1ランキング予測を、ここで数回に分けて紹介したい。これから厳しい戦いに挑むJ1クラブを分析し、降格、カップ戦優勝、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)枠を含めて、シーズン終了後にはどのようなランキングとなるかを予測していく。果たしてどの予測が実現するかしないか。

もちろん、これはあくまでも予測であり、違う考えを持つサポーターも多いだろう。是非SNSやコメント欄を使ってご意見ください。

今回は8位から5位までの予測をどうぞ。前回までのランキングはこちら。

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(13位〜9位)

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(18位〜14位)

ジェイ・ボスロイド 写真提供: Gettyimages

8位:北海道コンサドーレ札幌

2019結果:10位/2020注目選手:ジェイ・ボスロイド、チャナティップ・ソングラシン

ミハイロ・ペトロビッチ監督はミラクルな指導者である。J2とJ1の間で降格と昇格を繰り返していた北海道コンサドーレ札幌を、上位を狙える競合クラブに進化させた。2016年の昇格以来、札幌は現在クラブ史最長のJ1滞在を楽しんでいる。2017年の11位を除くと、その後2シーズンはトップ10内という結果。この活躍の始まりは、長年の業績不振チームをJ1エリートに変える元浦和レッズのペトロビッチ監督が札幌に到着した時と一致している。

ペトロビッチ監督以外に札幌の成長に影響を及ぼしたのが、ジェイ・ボスロイドとチャナティップ・ソングラシ(タイではジェイと呼ばれている)の、素晴らしい「ジェイ&ジェイ」コンビだ。

若い方のジェイ(26歳のチャナティップ)はタイ代表選手で、2017年途中にムアントン・ユナイテッドから札幌にレンタルで移籍して以来、素晴らしい活躍を見せ続けてきた。そのパフォーマンスは札幌を納得させ、完全移籍に至った。日本中のディフェンダーを脅かす存在になった小柄なウィンガーである。

年上のジェイ(37歳のボスロイド)は、イングランドサッカーの熟練したベテランであり、プレミアリーグやチャンピオンシップでの多くの経験を持つ。チャナティップとほぼ同じ時期に(2017年7月)ジュビロ磐田から移籍し、年季の入った足で札幌の攻撃の中心としてその地位を築いてきた。

チャナティップ・ソングラシン 写真提供: Gettyimages

もちろん、他の選手の素晴らしい貢献も忘れてはいけない。鈴木武蔵、ルーカス・フェルナンデス、アンデルソン・ロペスは、攻撃面でジェイコンビの力となり、白井康介と荒野拓馬は中盤を固める役割を果たしてきた。福森晃斗、進藤亮佑、深井一希が守備に揃い、韓国代表GKク・ソンユンは見事にゴールを守ってきた。

2020年に向けてはチームの変更がわずかにしかなく、サポーターにとっても喜ばしいことだろう。注目すべき移籍の動きは2件ばかりあった。ルーカス・フェルナンデスがレンタルから完全移籍となったことと、タイ人GKカウィン・タンマサッチャーナンをベルギーのOHルーヴェンから2年の期限付きで迎えたことだ。

カウィンには、GKク・ソンユンが来年一時的に尚州尚武FC(軍隊のチーム、韓国の「兵役法」で入隊の義務があるため)に移籍する際に、新しいメインキーパーとなってゴールを守ることが求められる。チャナティップが札幌に想像以上の成功をもたらしたことを考えると、同じタイ人のカウィンも同様のインパクトを与えられるかどうかが興味深い。

Previous
ページ 1 / 4

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧