ALL Jリーグ

2020明治安田J1リーグのランキング大胆予測(18位〜14位)

三浦知良 写真提供: Gettyimages

2020年の明治安田生命J1リーグが、2月21日にいよいよ開幕となる。今シーズンはどんな戦いとなるだろうか?

フットボール・トライブ・アジア編集部のクリシュナ・サドハナによる大胆なJ1ランキング予測を、ここで数回に分けて紹介したい。これから厳しい戦いに挑むJ1クラブを分析し、降格、カップ戦優勝、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)枠を含めて、シーズン終了後にはどのようなランキングとなるかを予測していく。果たしてどの予測が実現するかしないか。

もちろん、これはあくまでも予測であり、違う考えを持つサポーターも多いだろう。是非SNSやコメント欄を使ってご意見ください。

まずはランキング18位から14位までの予測をどうぞ。

三浦知良 写真提供: Gettyimages

18位:横浜FC(降格)

2019結果:J2、2位/2020注目選手:中村俊輔

2部から昇格した何れかのチームが、そのまま再び2部に降格する。これはまるで見えないルールのように、サッカー界の多くのリーグに起きることだ。これに当てはまるのが、横浜FCだと予測する。

横浜FCは、かつてのJリーグスターが集まる場所となった。三浦知良(52歳)、中村俊輔(41歳)、松井大輔(38歳)のようなベテラン選手が所属している。チームの平均年齢は28.4歳だが、下平隆宏監督は30歳以上のみの選手でスタメン構成することもでき、その場合の平均年齢は36.5歳ともなる。

もちろんベテランの経験はとても重要で、有益に働くこともあるだろう。しかし忘れてはならない。J1とJ2はペースが違うということを。彼らはJ1の長い戦いの中で良いコンディションをキープできるだろうか?

確かにベテラン選手を侮ってはいけない。例えば、カンバ大阪では遠藤保仁(40歳)が、川崎フロンターレでは中村憲剛(39歳)が、未だに素晴らしいパフォーマンスを見せている。しかし、それには若手選手とベテラン選手のバランスが重要だ。ベテラン選手の数が若手を上回る横浜FCには、そのバランスが見受けられない。

Previous
ページ 1 / 3

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。日本語は母国語ではないので、たくさんミスはあるかと思いますが、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。よろしくお願いします。

筆者記事一覧