Jリーグ アルビレックス新潟

新潟、GMに玉乃淳氏が就任!スペインで活躍できるスターを発掘へ

玉乃淳 写真提供:tamajun.net

 J2アルビレックス新潟は18日、元Jリーガーでアトレティコ・マドリードのユースチームでもプレーした玉乃淳氏のジェネラルマネジャー(GM)就任を発表した。

 玉乃氏は就任に際し「二つの目標があります。一つはタイトルの獲得、もう一つは、私が果たせなかったスペインでスターになるという夢を叶えてくれる才能の発掘と育成です」とコメント。タイトル獲得とスターの育成に尽力することを決意した。

 玉乃氏は海外でのサッカー選手の経験や最年少での解説、会社経営など異色の経歴の持ち主である。直近は大手広告代理店「博報堂」の関連会社である「博報堂DYメディアパートナーズ」でスポーツビジネスに関わったという。

 同氏は中学生から高校生時代にかけてアトレティコ・マドリードのユースに所属し、元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスともプレー。日本に帰国後は東京ヴェルディでプロデビューし、その後は横浜FCなどでプレーした。玉乃氏の就任によって新潟はJ1に昇格を果たすことができるだろうか。