リーガ

【第5弾】ラ・リーガ期待の新星。日本の星から世界の星へ久保建英

写真提供: LaLiga

ラ・リーガ期待の新星シリーズでは、スペインの地で輝きを放とうとしている若手プレーヤーをご紹介していく。第5弾は、今夏の移籍市場でレアル・マドリードに加入した久保建英。

今シーズンはレンタル先のマヨルカでプレーし、途中出場がメインではあるが、スペイン1部で確実に出場機会を得ている日本が世界に誇る成長株だ。


写真提供: LaLiga

確かなクオリティ

今月上旬に行われたバレンシア戦でラ・リーガデビューを果たした久保。18歳の同選手は0-2とチームが劣勢な中でも、プレーの節々に確かなクオリティを垣間見せた。

技術的に優れた攻撃的MFの久保は、クリエイティブなプレーを得意としている。また、日本代表の試合でも垣間見えたが、守備での献身さも少しづつ身に着けている。今シーズンから1部に復帰したマジョルカで、重要な役割を担う選手になることを期待されている。


写真提供: LaLiga

バルサのカンテラ出身

2001年6月に誕生した久保は10歳の時に、世界で最も有名なアカデミーの1つであるバルセロナの下部組織(カンテラ)に入団した。スペインのサッカーにしっかりと適応し、スペイン語も習得。2015年3月に帰国するまで、スペインでプレーし続けた。

帰国後も久保の成長は止まらず、FC東京のU23チームでは15歳5ヵ月の若さで最年少プロデビュー。セレッソ大阪戦でゴールを挙げ、最年少ゴール記録も塗り替えている。

また、今年6月に行われたエルサルバドル代表戦で日本代表デビューも飾っている。史上2番目の若さでのデビューとなった。招待国となったコパ・アメリカにも出場し、その後の親善試合にも出場。メディアの過剰と言ってもいいほどの注目というプレッシャーの中でも、自身のスタイルを崩さずに才能の片鱗を見せている。


Previous
ページ 1 / 2