リーガ バルセロナ

コウチーニョ獲得は失敗?バルサが犯した失敗補強5選

写真提供: Gettyimages

今夏の移籍市場でバイエルン・ミュンヘンにレンタルで移籍したフィリペ・コウチーニョ。同選手の獲得に1億6000万ユーロ(約208億円)の移籍金を費やしたバルセロナだったが、十分な戦力にはならず、わずか1年余りでクラブを離れることとなった。

バルセロナのコウチーニョ獲得を成功と感じている人は少ないだろう。カンテラから若手を育て上げ、トップチームで活用してきたバルセロナだが、近年は経済力に物を言わせた補強が目立っている。そこで今回は、バルセロナが犯した5つの失敗補強をご紹介する。


写真提供:Getty Images

フィリペ・コウチーニョ

2018年冬の移籍市場でバルセロナがリバプールから獲得したコウチーニョ。約208億円という移籍金が発生したとされ、移籍市場を大きく賑わせた。

ただ、コウチーニョは移籍金に見合うだけの活躍を見せることはできず、定期的にサポータからの批判の的に。

結局、今夏の移籍市場でバイエルン・ミュンヘンにレンタルで加入することが決まった。契約には買い取りオプションが付帯されており、完全移籍を勝ち取ることが目標となるだろう。


写真提供: Gettyimages

イブラヒム・アフェレイ

下部組織からプレーしたPSVアイントホーフェンで頭角を現し、2011年にバルセロナに加入したアフェレイ。しかし、バルセロナでは苦労することになった。

バルセロナでは度重なる負傷の影響もあり、出場機会は激減。シャルケ、オリンピアコスとレンタル移籍を繰り返し、2015年にストーク・シティへ完全移籍した。

今夏に古巣PSVへの復帰を果たしたアフェレイ。ケガに悩まされ続けたキャリアを、古巣で挽回することができるだろうか。


Previous
ページ 1 / 2