セリエA ユベントス

C・ロナウド、キャリアについて語る「来年引退することもできる」

クリスティアーノ・ロナウド 写真提供:GettyImages

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のキャリアについて深く語った。21日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が『TVI』を引用し報じている。

 昨夏の移籍市場でレアル・マドリードからユベントスへ移籍したC・ロナウド。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇など、数多くの成功を収めたクラブを離れ、新たな挑戦を決めたスターに対する驚きの声は多かった。

 そのC・ロナウドは自身のキャリアについて、かなり深く語っている。(一部抜粋)

クリスティアーノ・ロナウド

「サッカーを上手にする必要はないんだ。経済的にはうまくいっているから。僕に必要なのは、魅力的なプロジェクトであり、ユベントスのプロジェクトもその1つだ。彼らはイタリア最高のチームであり、世界最高のチームでもある。

 僕たちを含めて、誰もがCLで優勝したい。だけど、それが強迫観念になってしまってはいけない。物事を順調に進めなきゃいけないんだ。お金がチームを大きくするわけじゃないということも覚えておく必要がある。バルセロナ、バイエルン、PSGはCLで何年も勝っていないしね。

 敗北に対して、数年前に悪い受け取り方をするようになった。負けると夕食を口にしないこともあった。成熟して、人生で最も大事なのはサッカーじゃないと学んだんだ。仕事だから集中しなきゃいけないけど、切り離すこともできる。

 来年にキャリアを終えることもできる。40歳、41歳まで続けることもできる。いつも言っているのは、その瞬間を楽しむ必要があるってことだ。

 僕は快適な場所に留まり続けるのが好きじゃないんだ。マドリードはその1つになった。適応は簡単だった。チームメイトはスペイン語と英語を話すしね。

 仕事ではあるけど、勝てないからって世界の終わりが来るわけじゃない。僕はまだ、集団的にも個人的なレベルでも自分自身を主張したいと思える動機を持っているよ」