【ユース五輪】ポルトガルに敗れて世界2位に GK須藤優理亜「銀メダルを取れたけど、悔しさのほうが強い」

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[10.17 第3回ユースオリンピック決勝 U-18女子日本 1-4 U-18女子ポルトガル Main Futsal ]
第3回ユースオリンピックの女子フットサルが18日に行われ、決勝ではU-18フットサル女子日本代表とU-18フットサルポルトガル代表が対戦した。日本は惜しくも1-4で敗れたが、初めてフットサルが競技化されたユースオリンピックで銀メダルを獲得した。

GK須藤優理亜は、「銀メダルを取れたけど、悔しさのほうが強い」と、目に涙を浮かべて語った。

以下、決勝後、GK須藤優理亜選手のコメント
――銀メダル、おめでとうございます。今の気持ちを聞かせてください?
須藤 一番は悔しいです。銀メダルを取れたけど、悔しさのほうが強いです。

――ポルトガルと戦っていかがでしたか?
須藤 予選も戦っていたので強いことはわかっていました。だからこそ研究して臨んだつもりだったのですが、やっぱりフィジカル面とか、体の大きさ、気持ちの面でも少し負けてしまったかなと思います。

――普段は違うチーム、この期間を振り返って?
須藤 とても濃い時間を過ごせていたと思います。(福井丸岡)ラックの子たちは、昔から知っていましたし、元から仲良しだったので、壁はありませんでした。自チームでやっている戦術とかとは違うので、そういう食い違いはありましたが、木暮監督の良い指導の下で、みんな一致団結できたので良かったと思います。

――決勝では敗れましたが、準決勝ではスペインを倒しました。自信もついたのでは?
須藤 強豪と言われていて、やっぱり周りはスペインが勝つと思っていたと思います。やっぱり気持ちで負けないことを一番に、自信をもって戦った結果だと思います。