【VIVA!フットボールサラ】“エル・クラシコ”伝統の一戦を制したのはインテル、バルセロナは今季初黒星

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

得点を決められず頭を抱えるバルセロナのブラジル人ピヴォ、エスケルジーニャ。

 

スペイン5節で早くも同国を代表する2大クラブが対峙した。
インテルとエルポソの“エル・クラシコ”だ。
リーグが創設された1989年から今日までタイトルを争い続ける名門同士の伝統の一戦は、開幕から苦戦が続いていたインテルが、アウェーで勝利した。

開幕から3連勝を達成したバルセロナは、本拠地にペニスコラを迎えた。
フェラオ、ディエゴの2人のブラジル代表を中心に攻撃を仕掛けるが、思うように得点を奪えず。
ペニスコラのすばらしく勇敢なディフェンスの前に、2点先行されたバルセロナは、1点が届かず、今シーズン初黒星を喫した。
バルセロナは前半1本、後半に8本のシュートをバーやポストに阻まれている。敗戦の要因には、アンラッキーな面もあったのも事実だ。

 

5節の注目ゲームハイライト:
エルポソ対インテル戦

開幕から4連勝のエルポソと、1勝1分1敗という低調なスタートを切ったインテルの伝統の一戦、名門同士の“エル・クラシコ”。

勝利への意欲と肉体がぶつかりあったゲームは、インテルが勝利した。

バルセロナ対ペニスコラ戦ハイライト

バルセロナは再三の決定機を手にしたが、ペニスコラの好守もあり、1点が届かず。
戦略で上回ったペニスコラが、勝利した。