【Fリーグ】後半3ゴールの名古屋、仙台に逆転勝利で今季15勝目を挙げる!!

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[10.20 F1第19節 名古屋 3-1 仙台 オーシャン 1,546人]
Fリーグ・ディビジョン1は20日、第19節の4試合を行い、武田テバオーシャンアリーナの第2試合では、首位の名古屋オーシャンズとヴォスクオーレ仙台が対戦した。試合は3-1で名古屋が勝利している。

序盤から名古屋が攻め込む試合になるが、先手を取ったのは敵地に乗り込んだ仙台だった。前半10分、リーグの得点ランクで首位に立つFP堀内迪弥がゴールネットを揺らし、仙台が先制した。名古屋もすぐに反撃に転じるが、FPルイジーニョやFPヴァルチーニョのシュートは、GK税田拓基の好守もあって得点を挙げられない。対する仙台も、FP内野脩麻がGK関口優志をかわしてゴールを狙ったが、FP吉川智貴にカバーされ、こちらも得点はできなかった。このまま前半は仙台がリードして折り返す。

後半、1点を追う名古屋は圧力を強めていく。後半8分にはFP橋本優也が右サイドから同点ゴールを決めると、その4分後にはFP星翔太がFPペピータとの連係から逆転ゴールを記録した。リードを奪った名古屋は、後半15分にFPルイジーニョがGKとの1対1を確実にゴールに結びつけ、点差を広げた。

仙台はFPマルロンをゴレイロにパワープレーを開始したが、得点を挙げることはできずに試合終了。逆転で3-1の勝利を収めた名古屋が、2試合ぶりの勝利を挙げている。