Jリーグ アビスパ福岡

福岡や川崎でプレーしたFW森本貴幸、ギリシャ3部クラブに加入決定

森本貴幸 写真提供: Gettyimages

 9月29日にアビスパ福岡と契約解除をした元日本代表FW森本貴幸が、ギリシアの3部に所属しているコザニに加入したようだ。ギリシアの『Football League News』が報じている。

 同メディアによるとコザニはすでに公式サイトで「信じられない契約」「日本の“ゴールマシン”ようこそ」という言葉で森本の加入を発表したという。また、森本自身は公式のインスタグラムアカウントのストーリーでヨーロッパの風景の画像をアップしている。

 なお、これは森本にとって初ヨーロッパ経験ではない。同選手は2006年から2013年にかけてセリエAに所属していたカターニャ、そしてノヴァーラでのプレー経験を有している。

 なお、ギリシャリーグ3部開幕は11月10日に予定されている。まだ32歳である森本は同国でどんな活躍を見せてくれるだろうか。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧