セリエA フィオレンティーナ

ユーベ移籍のキエーザ、メディカルはトリノで行われず?

フェデリコ・キエーザ 写真提供: Gettyimages

 現地時間2020年10月5日。フィオレンティーナに所属していたイタリア代表FWフェデリコ・キエーザのユベントスへの2年間のローン移籍が正式に発表された。伊メディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 一方、イタリア代表の日程が理由で同選手のメディカルチェックはトリノの『Jメディカル』ではなく、フィレンツェのクリニックで行われなかったようだ。また、契約の詳細に関しては10月4日の夜にすでに決定されていたため、キエーザはメディカルチェック後、すぐにロベルト・マンチーニ監督のイタリア代表に加わったようだ。

 なお、イタリア代表は10月7日にモルドバ代表とのフレンドリーマッチ、そして10月11日にUEFAネーションズリーグ第3節となるポーランド代表戦を迎える。この2戦でユベントスのキエーザは先発メンバーに名前を連ねることになるのだろうか?

 ここでは9月27日に行われたインテル対フィオレンティーナのハイライトを振りかえろう。この一戦ではキエーザもゴールを記録している。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧