セリエA フィオレンティーナ

キエーザ、ミラン移籍の可能性が高まる

フェデリコ・キエーザ 写真提供: Gettyimages

 フィオレンティーナのイタリア代表MFフェデリコ・キエーザは、ミランへの移籍の可能性が高まっているようだ。イタリア『calciomercato.com』が報じている。

 同メディアによると複数のブックメーカーは、候補に上がっていたユベントスやローマより、ミランへの移籍の可能性の方が高いとみているようだ。また、現在ミランの監督を務めているステファノ・ピオリは2017年から2019年にかけてフィオレンティーナでキエーザの指導者だったため、ミラン移籍の要因の1つになるのではないかと考えられている。

 なお、キエーザに対してはバイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・ユナイテッドなど、複数のイタリア国外クラブも興味を示しているが、同メディアによるとキエーザがイタリアを離れる可能性は極めて低いようだ。

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの側でプレーするキエーザはミランサポーターにとって見たい光景の1つだろう。はたして彼らの夢は実現するのだろうか?

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧