リーガ バルセロナ

無冠のメッシ、バルサ退団へと加速か…

リオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはバルセロナ退団を望んでいる可能性があるようだ。16日、ブラジルメディア『Esporte Interativo』が報じている。

 バルセロナは14日、チャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルン・ミュンヘンと対戦。2-8という歴史的大敗を喫し、今シーズンを無冠で終えることとなった。そのため複数メディアによるとメッシは2021年の現行契約を満了すると共にクラブを退団する可能性が高いようだ。

 しかし、同メディアによるとメッシは既にバルセロナに対して退団の意思を伝えた模様。バルセロナのプロジェクトや幹部との確執に加え、バイエルン戦の大敗によって今夏の移籍市場での退団を望んでいるようだ。

 また、イタリア紙『カルチョメルカート』はメッシに対するインテルの動向を紹介。インテルの張康陽会長はメッシの獲得を熱望しており、過去にはミラノのドゥオーモにメッシの姿を映し出した画像をインテルの試合広告として使用した経験もあるほどだ。 

 メッシの移籍先としてはインテルの他にもマンチェスター・シティやMLSのクラブなどの名前が挙げられているが、はたしてメッシの去就はどのような結末を迎えるのだろうか。